全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

牛肉消費盛り上げ 十勝の業者が直販サイトや新商品

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、外食や物産展での牛肉需要が落ち込む中、管内の食肉生産・加工販売業者の間で、直販サイトの開設や新商品の開発など、消費喚起の取り組みが活発化している。

ノベルズ食品の直販サイト(右)と新たなパッケージなどを紹介する澤田次長

 十勝ハーブ牛の各種商品を扱うノベルズ食品(上士幌町、西尾康宏社長)は、道外のレストランやホテルなど業務用の需要が激減。4月10日に自社の直販サイト「十勝ハーブ牛専門店」を立ち上げ、一部商品は2~4割引きで提供している。

 上士幌町の道の駅開業に合わせて「レバー入りソーセージ」などの新商品も開発したが、道の駅のオープンは延期に。このため新商品も直販サイトでの販売開始となった。

 サイト開設から1カ月程度だが、反応は上々。同社営業部の澤田直子次長は「(直販サイトの立ち上げで)消費者のニーズを知ることができた。商品名には『十勝』とある。収束後、多くの人に十勝に来てもらうため周知に努めたい」と話している。

 ブラウンスイス牛や交雑牛の飼育と加工品の製造・販売を行う十勝清水コスモスファーム(清水町、安藤智孝代表)は、フェイスブックで告知し、電話やファクスで購入を受け付ける特別価格セットの販売を始めた。直販サイトとは別にSNSをフォローする同社のファン向けに特別感を与える販売戦略。通常価格より2割ほど値下げした商品を提供、売れ行きは好調だ。

 同社はコンセプト、ロゴ、ホームページの見直しを進めており、7月にもリニューアルする予定。安藤代表は「物産展は3~5月に3件が中止になった、自社商品のブランディングを強化して売り上げにつなげたい」とする。

 トヨニシファーム(帯広市、小倉修二代表)はホルスタイン牛と和牛などを飼育。自社の直販サイトを通じ、地元イベントや物産展に出品する予定だった商品の在庫を解消しようとキャンペーンを展開。「物産展中止企画」とし5月末まで、自社のECサイトで一定額を購入すると、送料を無料にしている。

 小売りでの扱いがなかったカルビ串の販売も4月から始め、新商品をアピール。小倉広樹専務は「販売サイトは前年比で倍以上の増加。売り上げは流動的で不安もあるが状況に合わせて対応したい」としている。

関連記事

荘内日報社

公益大の魅力紹介 HP特設 ウェブオープンキャンパス

 酒田市の東北公益文科大学(神田直弥学長)は、大学ホームページ(HP)に特設ページ「Webオープンキャンパス」をオープンした。新型コロナウイルス感染症の影響で対面型での実施が困難なことを受けての開...

紀伊民報社

過去10年で最高値 南高梅の市場初売り

 和歌山県のJA紀州が出荷した南高梅の今季初の市場販売が28日にあった。同JAによると、3L秀品(10キロ)が8100円で、過去10年でも最高値という。今年は不作傾向で引き合いが強いことが要因に...

安平の吉田牧場、競走馬の生産終了 テンポイントなど名馬を輩出

 1977年に春の天皇賞と有馬記念を制したテンポイントなど数多くの名馬を輩出した安平町の「吉田牧場」(早来富岡)が、競走馬の生産を終了することを明らかにした。代表を務め、元騎手でもある吉田晴雄さ...

快適クールビズ 暑さ自粛解除? 帯広

 クールビズが行われている官公庁では、夏日となった29日、職員は軽装で業務に当たった。  道が定めるクールビズの実施期間は25日から10月2日まで。ノーネクタイ、ノージャケットのほか、ポロシ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク