全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

シャコガイの採卵観察 崎枝小の児童生徒 県漁業士会支部が指導

川畑ジョナタスさん(右)の話を聞きながらシャコガイを観察する崎枝小中学校の児童生徒ら=22日午後、石垣市種苗供給施設

 崎枝小中学校(嘉良寧校長)の児童生徒12人は22日、県漁業士会八重山支部(比嘉幸秀支部長)が開いた「シャコガイ教室」に参加し、採卵や顕微鏡での観察を通して学びを深めた。

 同校の小学5・6年生と中学生は理科と総合的な学習の時間を活用し、ことし1年かけシャコガイの成長について学習する。理科を担当する林達也教諭が個体数を減らすシャコガイに焦点を当て「受精など生命を扱うところを見て学んでもらおう」と企画した。

 林教諭が同部に協力を依頼したところ、市内でシャコガイやヤイトハタの養殖を行っている同部青年漁業士の川畑ジョナタスさん(30)が講師を務め、教室を開催した。

 15日に続き2回目となった22日は、石垣市種苗供給施設でヒメジャコとシラナミの観察と採卵を体験。子どもたちは産卵する瞬間を見逃すまいと集中、実際に目にすると「出てきた」、「すごい」など大きな歓声を上げた。その後、顕微鏡を使って精子や卵を詳しく観察した。

 間近でのシャコガイは初めてだという富川翔三郎君(14)は「一つ一つ色や模様が違うのですごい。これからの観察がすごく楽しみ。いい経験になると思う」と待ちきれない様子。

 川畑さんは「卵が産まれる瞬間を見る機会はない。この活動を通して、子どもたちには住んでいるところの自然や保護活動について興味を持ってもらいたい」と期待した。

 受精卵は川平の水産海洋技術センター石垣支所の大型水槽に運ばれ、同校児童生徒が1年かけて養殖と観察を行う。研究成果は学習発表会などで報告する予定だという。

関連記事

長野日報社

「星ケ塔遺跡」今年も人気 今季初の日帰りツアー 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町観光振興局は22日、同町郊外にある国史跡「星ケ塔黒曜石原産地遺跡(星ケ塔遺跡)」を訪ねる日帰りツアーの今季初回を開いた。全国各地から定員いっぱいの15人が参加。一行は標高約1500...

然別湖上の景色 遊覧船で 安全確認入念に 今季の運航開始

 今季の然別湖の遊覧船運航が21日、始まった。10月末まで毎日運航され、普段はなかなか見ることができない湖上からの風景を楽しめる。  遊覧船は、然別湖畔温泉ホテル風水が1963年から運航。来...

大島紬がフェラーリ内装に ニューヨークで機織り実演も

 イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」が、本場奄美大島紬を織り込んだ生地を運転席の内装に使用した特別仕様車を製造し、話題を呼んでいる。大島紬織元のはじめ商事(鹿児島県奄美市名瀬、元允謙社長)が...

長野日報社

「すずらん祭り」開幕 長野県富士見町の富士見パノラマリゾート

 長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで21日、スズランの開花期に合わせた「120万本のすずらん祭り」が開幕した。6月19日までの期間中はゴンドラ往復券の購入者に山野草の苗をプレゼント。町花スズ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク