全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

中アで目撃のニホンライチョウ雌 越冬して生存確認

 環境省は22日、中央アルプスで目撃が続いていた国特別天然記念物ニホンライチョウの雌1羽とみられる個体が、越冬して駒ケ岳周辺で生息していることを21日の現地調査で確認したと発表した。生息の確認は昨年11月以来。中アでの生息地復活を目指す同省は、動物園などから有精卵を中アに運び、雌に抱かせてふ化を目指す事業を当初の計画通り実施する。

 現地調査は、今年度の増殖事業に向けて20~22日に実施した。20日に駒ケ岳周辺で足跡を見つけ、21日早朝に雌とみられる個体を確認。餌を食べる様子が見られたという。調査は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い登山の自粛が求められていたため、人数を少なくするなど感染防止に配慮したという。

 今年度事業では、産卵期に合わせた6月上旬、ライチョウを飼育する動物園などから最大8個の有精卵を運び、中アの雌が産んだ無精卵と入れ替える。卵を温めさせてふ化させる計画。運休中の駒ケ岳ロープウェイが再開しない場合は、移送にヘリコプターの利用を検討している。

 2019年の産卵期にも、乗鞍岳の野生個体が産んだ有精卵を中アの雌に温めさせた。5羽のひなが誕生したが天敵に襲われるなどして全滅したため、今年度はひなをケージで保護する。この他の事業では、乗鞍岳から3家族約20羽を中アに「移住」させることも計画している。

 同省信越自然環境事務所(長野市)の小林篤さんは「事業を成功させる上で、生息確認は大切な1歩。明るい話題を届けられるように進めたい」。駒ケ根市の伊藤祐三市長は「大変喜ばしいこと。中央アルプスが国定公園化された今年こそ(環境省の)保護増殖事業が成功することを期待する」とコメントした。

関連記事

アプリ使い曲作りに挑戦

豊橋で小中学生  「目指せ!令和の古関裕而」と題した子ども向け作曲体験会が8日、豊橋市西幸町の豊橋サイエンスコアであった。NHK連続テレビ小説「エール」にちなんで市が企画。子どもたちは音楽...

荘内日報社

レジ袋削減へ「あずま袋」製作

 昨年度の日本政策金融公庫主催「高校生ビジネスプラン・グランプリ」で、上位100件のアイデアに贈られる「ベスト100」に選ばれた酒田市の酒田光陵高校ビジネス流通科3年の佐藤海月(みつき)さん(17)のプラン...

来訪準備は2週間前から コロナ禍「島旅のしおり」 奄美大島5市町村

 鹿児島県の奄美大島5市町村は7日までに、コロナ禍で奄美旅行を楽しむための「島旅のしおり」を作成し、各市町村ホームページ(HP)に掲載した。新型コロナウイルスの潜伏期間を考慮し、来島2週間前から...

宇部日報社

宇部大空襲の記憶伝える看板

 宇部大空襲(1945年4月26日~8月5日)から75年。焼夷(しょうい)弾による火の雨で焼け野原となった地元の悲惨さを後世に伝えようと東岐波の前田自治会(嶋村伸矢会長)は7日、前田集会所にある...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク