全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

ゆめいちご栽培順調【阿寒町】

イチゴ栽培を担当する阿部夫妻

ロゴデザイン

「阿寒町を北海道を代表するイチゴ産地にしたい」―という夢の実現に向けて釧路の長江建材と綜合設備の共同出資で誕生した「夢の杜ファーム」(長江文男社長)の栽培事業が順調に進み、6月から本格的な出荷をスタートさせる。「ゆめいちご」のブランド名で専属契約を結んだケーキ店などでお目見えする。初出荷を記念し、22日から10日間の限定で釧路市中園町7のレストラン「ぱらだいすかふぇ」で予約注文を受け付ける。

 同事業はイチゴ栽培に適した阿寒の気候条件を生かして水耕栽培事業に着手。釧路市阿寒町旭町3に長さ96㍍、幅12㍍の農業用ハウスを建設。高強度特殊フィルムの採用と自動環境制御栽培システムで温度、照度、湿度などを管理している。

 同社の亀岡孝専務は「子供たちからお年寄りまで誰もが安心して食べてもらえるおいしいイチゴを生産できるようになった。無農薬なので安心して食べてもらえる」と語る。生産されるイチゴは「赤い妖精」という品種で、色艶と形の良さに加え、中身まで赤いことから、ケーキなどの菓子はもちろん、ジュース、ジャムなどのほか、スライスして女性用のカクテルとして商品化していく考えだ。「ゆめいちご」のロゴデザインは、ボールペン画家として釧路の特産品など描いている原田カーナさんが担当した。

 イチゴ栽培は阿部隆施設長と妻ゆかりさんの二人三脚。毎日、専用のはさみで約20㌔を手摘みしている。  初出荷を記念し、200㌘入り1ケースを特別価格500円で22日から先行予約販売(数量限定)する。予約は0154(32)2040(ぱらだいすかふぇ)へ。 

関連記事

軽石を雑草対策に使用 黒島公民館が試行錯誤

 【黒島】島に漂着した軽石を有効活用しようと、黒島公民館の仲田和則館長は路上の雑草対策として試験的に軽石を使用している。  仲田館長は、島内を通る道路の植栽升で雑草が繁茂し景観を損ねているこ...

長野日報社

諏訪湖のワカサギ守れ 舟で魚食性鳥類追い払い 長野県諏訪市

魚食性鳥類から諏訪湖の水産資源のワカサギを守ろうと、諏訪湖漁業協同組合や県などでつくる諏訪湖漁場活性化協議会が舟を使った追い払いを続けている。来春の採卵事業で十分な魚卵を確保するため、同漁協組...

荘内日報社

庭園に浮かぶ光の映像 幻想的な世界演出 鶴岡「玉川寺」プロジェクションマッ..

 鶴岡市羽黒町の玉川寺で4、5の両日、光の映像「プロジェクションマッピング」が行われた。  冬の誘客を図ろうと県庄内総合支庁地域産業経済課と庄内観光コンベンション協会、玉川寺の3者がタイアップ...

紀伊民報社

木熟ミカンの収穫始まる

 田辺・西牟婁で栽培されている早生温州ミカンのJA紀南のブランド「木熟みかん」の収穫が始まった。実を木にならしたまま熟度を高めるのが特徴で、早生温州ミカンのうち一定の糖度以上を木熟みかんとして出...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク