全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

先生がラジオで休校中の子どもたちにメッセージ

パーソナリティーの質問に答えながら、休校中の児童に語り掛ける舞田先生(左、FMサンサンきららで)

 山陽小野田市のコミュニティーFM局・サンサンきららは、新型コロナウイルス対策による休校措置で家にいる子どもたちに向けた特別番組「スクール・オブ・ラジオ」を放送している。3日間限定の番組で、初日の20日は高千帆小の教員5人が、パーソナリティーの質問に答える形で、学校の目標や雰囲気を紹介した。    6年生担任の舞田大貴先生は、活発だった自分の小学生時代の思い出や、休校中は筋トレで気分転換していた話題で和ませながら「素直さ、謙虚さが大事だと伝えながら、温かい学級をつくっていきたい」と抱負。弘中那保斗先生は「元気にあいさつし、黙って行動できるなど、礼儀正しいところが高千帆小の自慢。みんなで楽しいクラスにしていこう」とメッセージを送った。

 三輪孝行校長は「走り幅跳びは助走が大事であるのと同じように、学校生活も再開前の今が大切。規則正しい生活に戻して、25日から元気に登校してくれるのを待っている」と呼び掛けた。    休校中の児童を元気づけるための企画で、高千帆小、竜王中、本山小が協力した。最終日の22日は午前10時から放送し、11時台は本山小の教員7人が出演して、子どもたちに語り掛ける。    同局の穐本真一局長は「今後、コロナの第2波、第3波で再び対策が取られることがあれば、ラジオ番組を広く有効活用してほしい」と話した。  

関連記事

紀伊民報社

大規模演習で防災力確認 熊野川河川敷に600人参加

 和歌山県新宮市の熊野川河川敷で28日、総合水防演習があった。国土交通省や県、周辺自治体のほか、警察や消防、自衛隊などから約600人が参加し、いざという時の対応策を確認した。  紀伊半島大水害(...

荘内日報社

「し のたまわく……」 御隠殿に元気な声響く 鶴岡・少年少女古典素読教室

 「しのたまわくまなんでしこうしてこれをじしゅうす(子曰学而時習之)」―。旧庄内藩校「致道館」の学風を受け継ぎ、半世紀を超えて続く「少年少女古典素読教室」の本年度開講式が28日、鶴岡市の致道博物館内の...

足湯に漬かってワンちゃん満足 十勝川温泉ドッグラン

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンした。  この日は午前10時のオープン後...

舟こぎ競争、3年ぶり開催へ 奄美まつり パレード、八月踊りは見送り

 鹿児島県奄美市の奄美まつり協賛会(会長・安田壮平奄美市長)の2022年度総会が27日、奄美市役所会議室であり、今年の「第59回奄美まつり」は規模を縮小して8月5、6の両日に開催する方針を固めた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク