全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ハッチョウトンボ羽化 駒ヶ根の南割公園

羽化して姿を現したハッチョウトンボ

駒ケ根市の南割公園で、市の昆虫ハッチョウトンボの羽化が始まった。市民有志らでつくるハッチョウトンボを育む会(吉田保晴会長)によると、今年は16日から羽化を確認。昨年より4日早く、おおむね例年通りという。

ハッチョウトンボは体長2センチほどで、世界最小の部類に属するとされる。同公園では1988年に確認され、99年から育む会が生息地の整備を進め、観察会や希少動植物の保護活動を行っている。昨年は一番多い日に156匹(前年比78減)を確認した。

ハッチョウトンボは羽化直後は体が薄い茶色だが、雄は徐々に赤色が強く、雌はトラ斑模様がはっきりしてくる。発生のピークは6月下旬から7月上旬になる見込み。同会は7月4、5日に観察会を予定している。

関連記事

新調の百足旗頭を奉納 芸能なく寸刻の祈願 真栄里豊年祭

 真栄里公民館(山田惠昌館長)は7日夕、安居(あんぐん)御嶽で、豊年祭のオンプールを行った。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から芸能なし。31年ぶりとなる百足(ンガザー)旗頭の奉納など、神事...

釧路新聞社

「三元交配」の乳牛誕生【中標津】

   町養老牛の中澤牧場で、乳用牛のホルスタイン種にフランスから輸入したモンベリアード種を掛け交わせた子牛が誕生した。病気に強く飼いやすい牛を作り続ける「クロスブリーディング」という手法で、計根別...

長野日報社

コロナ禍の撮影支援を JFCが総会シンポ

フィルムコミッション(FC)に取り組む全国の自治体や観光協会などで組織するジャパン・フィルムコミッション(JFC)は7日、諏訪市の旧東洋バルヴ諏訪工場跡地でJFC総会シンポジウムを開いた。自治...

荘内日報社

甲子園交流試合 鶴東ナイン決意新た

 甲子園高校野球交流試合に出場する鶴岡東高の壮行式が6日、同校体育館で行われた。昨夏に続く“2年連続”の甲子園出場だが、コロナ禍のために今年は16日の日本航空石川戦に勝っても負けても1試合限りとなった。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク