全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

じゃがいも大福 10万個突破 道の駅ピア21しほろ

 道の駅ピア21しほろの看板商品「じゃがいも大福」の売り上げが、累計で10万個に達した。駅内のテナントを運営する「at LOCAL」(堀田悠希社長)の開発商品で、ポテトチップスに次いで根強い人気を誇る。10万個の売り上げを記念し、同駅のオンラインショップでの取り扱いも始めた。

「じゃがいも大福」の10万個達成を喜ぶ(右から)堀田社長、高野さん

 じゃがいも大福は、2017年7月に販売を開始。町産のホッカイコガネを使い、一部を固形にしてあんに混ぜ込んでいる。道産のもち米を使用してきねでついているため、もちもちとした食感を味わえる。手頃な価格(1個150円)で購入できる土産品として人気で、4月末に販売数量が10万個を突破した。

 商品別の売り上げランキング(集計期間は2017年4月12日~20年5月12日)では、JA士幌町の「生産者還元用ポテトチップス」(塩、のり塩、コンソメ)が1~3位を独占する中で、じゃがいも大福は10万2124個を売り上げ、4位にランクインしている。

 ただ、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で外出自粛が長引き、売り上げは減少。そこで、at LOCAL社員の高野華瑠菜(はるな)さんが「10万個達成の記念も兼ね、自宅にいながら大福を味わってほしい」と考え、今年から本格稼働したオンラインショップのラインアップに大福シリーズを追加した。

 商品名は「ピア21しほろ名物!大福食べ比べセット」(2808円)で、期間限定の「さくらじゃが大福」「かぼちゃみたらし大福」、おはぎを加えた4種類の味が一度に楽しめる。堀田社長も「まだ注文は少ないが、道の駅のファンをはじめ多くの人にここでしか味わえない大福を食べてもらいたい」と積極的に売り込んでいる。

 取り寄せる場合は別途送料が必要で、詳細は同駅の公式ホームページにあるオンラインショップを参照すると良い。問い合わせはat LOCAL(01564・5・5111)へ。

関連記事

紀伊民報社

大規模演習で防災力確認 熊野川河川敷に600人参加

 和歌山県新宮市の熊野川河川敷で28日、総合水防演習があった。国土交通省や県、周辺自治体のほか、警察や消防、自衛隊などから約600人が参加し、いざという時の対応策を確認した。  紀伊半島大水害(...

荘内日報社

「し のたまわく……」 御隠殿に元気な声響く 鶴岡・少年少女古典素読教室

 「しのたまわくまなんでしこうしてこれをじしゅうす(子曰学而時習之)」―。旧庄内藩校「致道館」の学風を受け継ぎ、半世紀を超えて続く「少年少女古典素読教室」の本年度開講式が28日、鶴岡市の致道博物館内の...

足湯に漬かってワンちゃん満足 十勝川温泉ドッグラン

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンした。  この日は午前10時のオープン後...

舟こぎ競争、3年ぶり開催へ 奄美まつり パレード、八月踊りは見送り

 鹿児島県奄美市の奄美まつり協賛会(会長・安田壮平奄美市長)の2022年度総会が27日、奄美市役所会議室であり、今年の「第59回奄美まつり」は規模を縮小して8月5、6の両日に開催する方針を固めた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク