全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

じゃがいも大福 10万個突破 道の駅ピア21しほろ

 道の駅ピア21しほろの看板商品「じゃがいも大福」の売り上げが、累計で10万個に達した。駅内のテナントを運営する「at LOCAL」(堀田悠希社長)の開発商品で、ポテトチップスに次いで根強い人気を誇る。10万個の売り上げを記念し、同駅のオンラインショップでの取り扱いも始めた。

「じゃがいも大福」の10万個達成を喜ぶ(右から)堀田社長、高野さん

 じゃがいも大福は、2017年7月に販売を開始。町産のホッカイコガネを使い、一部を固形にしてあんに混ぜ込んでいる。道産のもち米を使用してきねでついているため、もちもちとした食感を味わえる。手頃な価格(1個150円)で購入できる土産品として人気で、4月末に販売数量が10万個を突破した。

 商品別の売り上げランキング(集計期間は2017年4月12日~20年5月12日)では、JA士幌町の「生産者還元用ポテトチップス」(塩、のり塩、コンソメ)が1~3位を独占する中で、じゃがいも大福は10万2124個を売り上げ、4位にランクインしている。

 ただ、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で外出自粛が長引き、売り上げは減少。そこで、at LOCAL社員の高野華瑠菜(はるな)さんが「10万個達成の記念も兼ね、自宅にいながら大福を味わってほしい」と考え、今年から本格稼働したオンラインショップのラインアップに大福シリーズを追加した。

 商品名は「ピア21しほろ名物!大福食べ比べセット」(2808円)で、期間限定の「さくらじゃが大福」「かぼちゃみたらし大福」、おはぎを加えた4種類の味が一度に楽しめる。堀田社長も「まだ注文は少ないが、道の駅のファンをはじめ多くの人にここでしか味わえない大福を食べてもらいたい」と積極的に売り込んでいる。

 取り寄せる場合は別途送料が必要で、詳細は同駅の公式ホームページにあるオンラインショップを参照すると良い。問い合わせはat LOCAL(01564・5・5111)へ。

関連記事

長野日報社

諏訪湖のワカサギ守れ 舟で魚食性鳥類追い払い 長野県諏訪市

魚食性鳥類から諏訪湖の水産資源のワカサギを守ろうと、諏訪湖漁業協同組合や県などでつくる諏訪湖漁場活性化協議会が舟を使った追い払いを続けている。来春の採卵事業で十分な魚卵を確保するため、同漁協組...

荘内日報社

庭園に浮かぶ光の映像 幻想的な世界演出 鶴岡「玉川寺」プロジェクションマッ..

 鶴岡市羽黒町の玉川寺で4、5の両日、光の映像「プロジェクションマッピング」が行われた。  冬の誘客を図ろうと県庄内総合支庁地域産業経済課と庄内観光コンベンション協会、玉川寺の3者がタイアップ...

紀伊民報社

木熟ミカンの収穫始まる

 田辺・西牟婁で栽培されている早生温州ミカンのJA紀南のブランド「木熟みかん」の収穫が始まった。実を木にならしたまま熟度を高めるのが特徴で、早生温州ミカンのうち一定の糖度以上を木熟みかんとして出...

恐竜フェスタ にぎわう AR、VRで むかわ竜再現 記念撮影に長い列

むかわ町が恐竜を前面に出してまちをアピールするイベント「恐竜フェスタ」が4、5両日、同町道の駅「四季の館」をメイン会場に開かれた。AR(拡張現実)技術を使い、スマートフォンの画面で「カムイサウルス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク