全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

カムイルミナ今年度中止【阿寒湖温泉】

 

シマフクロウやカケスなどストーリーに登場する動物のプロジェクションマッピングも色鮮やかなカムイルミナ

 開催初年度の昨年、釧路市阿寒湖温泉の観光入り込み増に大きな効果をもたらした夜の体験型アトラクション「KAMUY LUMINA(カムイルミナ)」を運営する阿寒アドベンチャーツーリズムは19日、今年度の事業を中止すると発表した。新型コロナウイルス感染症の終息が見通せないことが理由で「大変残念」とし、来年度の開催に期待を込めている。

 カムイルミナは、カナダのマルチメディア企業と地元アイヌ民族が共同制作した。アイヌ民族に伝わるユーカラ(叙事詩)をベースに、阿寒摩周国立公園特別保護区内にある温泉街中心部の遊歩道(ボッケの森)を舞台に、プロジェクションマッピングなど最新のデジタル技術を駆使した光と音の演出を楽しむほか、リズムスティックと呼ばれるつえをストーリーに合わせて使う参加型のエンターテインメント。最初のシーズンとなった昨年度は、7月5日から11月17日までの4カ月余りで国内外から3万4160人を動員し、新たな観光需要の掘り起こしに貢献した。

 阿寒アドベンチャーツーリズムなどによると、今年度は今月22日からの営業を予定し、新型コロナ感染拡大に伴う緊急事態宣言により6月26日からに延期して準備作業を進めてきたが、終息の見通しが立たず、来場者の安全安心を優先し検討した結果、今年度は事業を断念することを決定。同社のホームページに「2021年の開催時にお会いできることを願っております」など周知する文章を掲載した。

 ウェブサイトから予約、購入したチケットについては、カード会社から払い戻しがあるほか、イベントなどで当選した前売り券や各種割引券は来年の開催時に使用可能。券売所で購入した前売り券は購入場所で払い戻しができる。

 NPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構の山下晋一専務理事は「状況を見極めようと5月から6月へ延期していたが、緊急事態宣言の特定警戒都道府県に継続指定されたことも大きかった」とし、「会場を設営しても開催できない可能性がある。先が見通せない中で無理はできず、非常に苦しい決断だった」と話している。

 なお、カムイルミナと同様、新たな観光コンテンツとして阿寒湖アイヌシアターイコロで上演されている「ロストカムイ」も、リニューアル直後の4月上旬から休館が続いたままとなっている。

関連記事

荘内日報社

200人力合わせ飛島をきれいに

 本県唯一の離島・飛島の自然豊かな環境を守ることを目的とした清掃活動「飛島クリーンアップ作戦」が25日、島内の荒崎海岸一帯で行われ、酒田市内外から参加したボランティア有志や島民計約200人が散乱した漂着...

クマ用スプレー貸し出します 高額、飛行機持ち込み不可…不便多く 帯広

 大雪山系の豊かな自然と十勝に魅せられた東京都の会社員白岩慎隆(のりたか)さん(51)が、登山者向けにクマ撃退スプレーのレンタル事業を始める。スプレーの飛行機持ち込みに制限があることなど自身の感じ...

宇部日報社

住吉まつりに3万人 47団体が踊りや太鼓で盛り上げ【山陽小野田】

 第13回「復活!住吉まつり」は26日、山陽小野田市東住吉町の住吉神社をメイン会場に開かれた。青天の下、恒例のパレードやステージイベントに加えて周辺施設でも多彩なイベントが行われ、約3万人(...

長野日報社

危機感募る観光地 サル出没相次ぐ光前寺周辺 長野県駒ケ根市

 長野県駒ケ根市駒ケ根高原の光前寺周辺で、野生のニホンザルの出没が相次いでいる。10年ほど前から頻繁に現れるようになったが、「今年は特にひどい」(地元関係者)。人的被害こそ確認されていないものの...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク