全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

学校再開へ通学路の安全見守り活動

豊橋署と保護者ら

 新型コロナウイルスで休業していた学校の「学校再開準備期間」が始まった。児童生徒が「3密」を避けて分散登校している。豊橋署は早朝、豊橋市野依町の「野依インター」交差点で、通学の小中学校生の見守り活動をしている。  この交差点は2018年7月5日朝、自転車の中学1年生男子が左折しようとした大型トラックにひかれて亡くなった現場だ。事故後、今年から信号機が歩車分離式になった。  この場所で、同署員や野依小の校長と教員、校区の自治会、保護者が協力し、交通指導を始めた。  19日は朝から雨。傘を差した小学生が信号に来ると「子供見守り隊」と書かれた蛍光色のジャケットを着た自治会員が「ボタン押してから渡ってね」と呼び掛けた。署員は手を上げて渡るように指導し、横断歩道がある場所に立って事故の警戒に当たった。市内の各交番の警察官も、子どもたちの安全に目を光らせている。  野依の見守り活動に立ち会った同署交通課の本多幸治課長は「車の量は戻りつつあるが、コロナの影響で交通量が減っているので、スピードを出しすぎないよう気をつけてほしい」と呼び掛けた。  「学校再開で子どもたちの笑顔が戻ってきてうれしい」と言う自治会の丸山幸雄会長は「最近、車がスピードを出しているように思う。余裕を持ってハンドルを握ってください」と話した。  豊橋署管内の4月の交通量は、外出自粛の影響で13%減少した。一方で県内の交通事故は今月17日現在、62人が死亡し前年同期比15人増となっている。  同署は、重点的にスピード違反の取り締まりを強化していくという。

関連記事

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク