全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

学校再開へ通学路の安全見守り活動

豊橋署と保護者ら

 新型コロナウイルスで休業していた学校の「学校再開準備期間」が始まった。児童生徒が「3密」を避けて分散登校している。豊橋署は早朝、豊橋市野依町の「野依インター」交差点で、通学の小中学校生の見守り活動をしている。  この交差点は2018年7月5日朝、自転車の中学1年生男子が左折しようとした大型トラックにひかれて亡くなった現場だ。事故後、今年から信号機が歩車分離式になった。  この場所で、同署員や野依小の校長と教員、校区の自治会、保護者が協力し、交通指導を始めた。  19日は朝から雨。傘を差した小学生が信号に来ると「子供見守り隊」と書かれた蛍光色のジャケットを着た自治会員が「ボタン押してから渡ってね」と呼び掛けた。署員は手を上げて渡るように指導し、横断歩道がある場所に立って事故の警戒に当たった。市内の各交番の警察官も、子どもたちの安全に目を光らせている。  野依の見守り活動に立ち会った同署交通課の本多幸治課長は「車の量は戻りつつあるが、コロナの影響で交通量が減っているので、スピードを出しすぎないよう気をつけてほしい」と呼び掛けた。  「学校再開で子どもたちの笑顔が戻ってきてうれしい」と言う自治会の丸山幸雄会長は「最近、車がスピードを出しているように思う。余裕を持ってハンドルを握ってください」と話した。  豊橋署管内の4月の交通量は、外出自粛の影響で13%減少した。一方で県内の交通事故は今月17日現在、62人が死亡し前年同期比15人増となっている。  同署は、重点的にスピード違反の取り締まりを強化していくという。

関連記事

長野日報社

「星ケ塔遺跡」今年も人気 今季初の日帰りツアー 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町観光振興局は22日、同町郊外にある国史跡「星ケ塔黒曜石原産地遺跡(星ケ塔遺跡)」を訪ねる日帰りツアーの今季初回を開いた。全国各地から定員いっぱいの15人が参加。一行は標高約1500...

然別湖上の景色 遊覧船で 安全確認入念に 今季の運航開始

 今季の然別湖の遊覧船運航が21日、始まった。10月末まで毎日運航され、普段はなかなか見ることができない湖上からの風景を楽しめる。  遊覧船は、然別湖畔温泉ホテル風水が1963年から運航。来...

大島紬がフェラーリ内装に ニューヨークで機織り実演も

 イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」が、本場奄美大島紬を織り込んだ生地を運転席の内装に使用した特別仕様車を製造し、話題を呼んでいる。大島紬織元のはじめ商事(鹿児島県奄美市名瀬、元允謙社長)が...

長野日報社

「すずらん祭り」開幕 長野県富士見町の富士見パノラマリゾート

 長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで21日、スズランの開花期に合わせた「120万本のすずらん祭り」が開幕した。6月19日までの期間中はゴンドラ往復券の購入者に山野草の苗をプレゼント。町花スズ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク