全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

いざ平昌へ 五輪壮行レース 長野

【女子3000メートル】五輪用のレーシングスーツに身を包み、快調な滑りを見せる高木美帆

 来月9日に開幕する平昌冬季五輪を前に、スピードスケートの日本代表選手壮行タイムトライアルが19日、長野市のエムウェーブで行われた。午後8時に競技を始めるなど本番を想定。女子中距離でメダルが期待される高木美帆(日体大助手、帯南商高出)や姉の菜那(日本電産サンキョー、同高出)、押切美沙紀(富士急、中札内中出)が女子3000メートルに、長谷川翼(日本電産サンキョー、白樺学園高出)、郷亜里砂(イヨテツ、同高出)と神谷衣理那(高堂建設)が500メートルに出場した。

 19日から21日まで実施中のワールドカップ(W杯)エアフルト大会(ドイツ)は時差があるために回避し、実戦感覚を養うためにタイムトライアルを実施した。ミズノと日本スケート連盟が共同で開発した五輪用の新しいレーシングスーツに身を包んだ選手たちは、英語でのアナウンスや音楽、録音した歓声が流れる中、慣れない夜のレースを滑走した。全体的にタイムは低調だったが、選手たちの表情は明るかった。高木美は「日中の過ごし方が難しいと思った。とても良い経験になった。万全でない状態だったが、滑りの感触はまずまず」と話した。

 タイムトライアルは20日夜も男女の団体追い抜きなどを実施する。

関連記事

荘内日報社

30年続く贈り物「ありがとう」 今年はみかんジュース届く

 鶴岡市睦町の常念寺保育園(渡邊嶺子園長、園児154人)に14日、静岡県浜松市から特産の「三ヶ日みかん」(温州みかん)のジュースが届き、園児たちを喜ばせている。  ジュースを贈ったのは天方産業(浜松市...

きょうだけ!! 特大シジミ漁 大樹・生花苗沼

 大樹町の生花苗沼(オイカマナイトー)で15日、年に1日だけのヤマトシジミ漁が行われた。漁業者は殻の大きさが5センチ以上にもなる特大シジミを、泥の中から手探りで掘り出した。  大樹漁協(神山...

宇部日報社

おしゃれな「おでかけマスク」紹介

 山口市大殿大路のアトリエ「a.p.r」(片山涼子代表)の「おでかけマスク展」が、駅通り2丁目の飲食店「hangout(ハングアウト)」で開かれている。和風柄などがおしゃれな布マスク30種類以上...

釧路新聞社

タンチョウのひな誕生【釧路】

   釧路市公園緑化協会は、市丹頂鶴自然公園でタンチョウのひなが誕生したと発表した。同公園での新たなひなの誕生は2018年6月15日以来約2年ぶり。  飼育員の高嶋賢治さんによると、同公園のBケー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク