全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

保護猫支えるグッズ人気 帯広のNPO「Wish」

 野良猫の保護や里親探しなどに取り組む帯広市のNPO法人「猫たちを守る十勝Wish(ウィッシュ)の会」(原田美加代表)が、猫にちなんだ商品のインターネット販売に力を入れている。新型コロナウイルスの影響で、運営する市内の保護猫カフェ(東2南2)の客足が減る中、苦境を乗り切ろうと工夫を凝らしている。

十勝Wishの会がネット販売している猫柄マスクやオリジナルコーヒー豆

活動維持へネット販売注力
 同会のネットショップには、ボランティアらが手作りした洋服やネクタイ、靴下、キーホルダーなど、猫のイラスト入りの商品がずらり。最も人気がある猫柄マスクは1枚400~500円で、これまで200枚以上売れたという。

 同会は過去12年間で1000匹を超える野良猫を保護し、里親に引き渡してきた。猫に癒やされながらゆっくりと時間を過ごせるカフェは、里親との出会いの場でもあったが、新型コロナの感染拡大で客足は半分以下に落ち込んだ。

 カフェの入場料は餌代や医療費など猫の飼育費に充てていただけに、原田代表は「危機感があった」と言う。これまで以上にネットショップの商品の数を増やし、SNSでの宣伝にも力を入れた。管内の企業と共同で作ったオリジナルのコーヒー豆や十勝牛コンビーフ、さつまいもようかんは「wish応援セット」として売り出し、人気を集めている。現在はネットショップの売り上げが運営資金を支えている状態だ。

 これから暖かくなるにつれ、出産ピークを迎えて子猫の保護は増える見通し。原田代表は「コロナが収束するまでは、物販に力を入れて運営を維持したい。買い物をしていただくことで保護猫への支援につながります」と話す。

関連記事

荘内日報社

プロと一緒に撮影 仙台の中学生が時代劇の映画づくり体験

 鶴岡市羽黒町川代のスタジオセディック庄内オープンセットに17日、仙台市立長命ケ丘中学校(長沼致弘校長)の2年生63人が校外活動で訪れ、名作の数々が生み出されたセットを使った時代劇の映画づくりを体験した...

紀伊民報社

県文化財指定を検討 安居の暗渠(あんきょ)

 和歌山県教育委員会は、白浜町の日置川沿いにある「安居の暗渠(あんきょ)」と水路について、県文化財指定を検討すると明らかにした。貴重な存在と評価し、保存や活用の方法も併せて考える。  17日の...

ガチャ440種 道東最大級 イオン帯広にオープン

 トーシン(帯広市、宮本達也社長)は18日、イオン帯広店(帯広市西4南20)2階に、カプセル入り玩具「ガチャガチャ」が400種類以上並ぶショップ「#C-pla(シープラ)」をオープンさせた。同...

宇部日報社

山陽小野田市が新型コロナ対策に取り組む飲食店を「取組宣言店舗」に認定

 山陽小野田市は、新型コロナウイルスの感染防止対策に取り組み、一定の基準を満たした飲食店を「取組宣言店舗」に認定し、ステッカーやポスターを配布するとともにホームページに掲載して、「安心して利用で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク