全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

保護猫支えるグッズ人気 帯広のNPO「Wish」

 野良猫の保護や里親探しなどに取り組む帯広市のNPO法人「猫たちを守る十勝Wish(ウィッシュ)の会」(原田美加代表)が、猫にちなんだ商品のインターネット販売に力を入れている。新型コロナウイルスの影響で、運営する市内の保護猫カフェ(東2南2)の客足が減る中、苦境を乗り切ろうと工夫を凝らしている。

十勝Wishの会がネット販売している猫柄マスクやオリジナルコーヒー豆

活動維持へネット販売注力
 同会のネットショップには、ボランティアらが手作りした洋服やネクタイ、靴下、キーホルダーなど、猫のイラスト入りの商品がずらり。最も人気がある猫柄マスクは1枚400~500円で、これまで200枚以上売れたという。

 同会は過去12年間で1000匹を超える野良猫を保護し、里親に引き渡してきた。猫に癒やされながらゆっくりと時間を過ごせるカフェは、里親との出会いの場でもあったが、新型コロナの感染拡大で客足は半分以下に落ち込んだ。

 カフェの入場料は餌代や医療費など猫の飼育費に充てていただけに、原田代表は「危機感があった」と言う。これまで以上にネットショップの商品の数を増やし、SNSでの宣伝にも力を入れた。管内の企業と共同で作ったオリジナルのコーヒー豆や十勝牛コンビーフ、さつまいもようかんは「wish応援セット」として売り出し、人気を集めている。現在はネットショップの売り上げが運営資金を支えている状態だ。

 これから暖かくなるにつれ、出産ピークを迎えて子猫の保護は増える見通し。原田代表は「コロナが収束するまでは、物販に力を入れて運営を維持したい。買い物をしていただくことで保護猫への支援につながります」と話す。

関連記事

紀伊民報社

防災用品の購入急増 地震発生であらためて危機感

 3日に和歌山県の田辺市などで震度4の揺れを観測する地震が発生したのを受け、紀南地方で防災用品への関心が高まっている。田辺市内のホームセンターでも在宅避難用グッズの購入が増えている。  田辺市...

荘内日報社

ハタハタ高値 台所を直撃 「大黒様のお歳夜」他の魚に代替えも 複雑な表情

 9日は「大黒様のお歳(とし)夜(や)」。庄内ではハタハタの田楽を食べる風習があるが、今年はハタハタ漁に異変が起きている。1月から10月までの水揚げは昨年と比べて半減。近年指摘されている高い海水温が原...

62年前の苫東高新聞を発見、現役局員は質の高さに驚き

苫小牧市王子町の私設文学館「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」で、1959(昭和34)年12月5日付の苫小牧東高新聞第40号が見つかった。2019年に78歳で亡くなった詩人の故斉藤征義さんは、同高O...

地域交通に暮らしの視点 国交省、コロナ後へ研究会 十勝バスもモデル

 国土交通省はアフターコロナ時代の地域交通の方向性を考える新たな研究会を立ち上げた。新型コロナウイルスの影響で旅客の輸送需要が減少する中、地域の足としてのセーフティーネットに加え、地域住民の暮らし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク