全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

保護猫支えるグッズ人気 帯広のNPO「Wish」

 野良猫の保護や里親探しなどに取り組む帯広市のNPO法人「猫たちを守る十勝Wish(ウィッシュ)の会」(原田美加代表)が、猫にちなんだ商品のインターネット販売に力を入れている。新型コロナウイルスの影響で、運営する市内の保護猫カフェ(東2南2)の客足が減る中、苦境を乗り切ろうと工夫を凝らしている。

十勝Wishの会がネット販売している猫柄マスクやオリジナルコーヒー豆

活動維持へネット販売注力
 同会のネットショップには、ボランティアらが手作りした洋服やネクタイ、靴下、キーホルダーなど、猫のイラスト入りの商品がずらり。最も人気がある猫柄マスクは1枚400~500円で、これまで200枚以上売れたという。

 同会は過去12年間で1000匹を超える野良猫を保護し、里親に引き渡してきた。猫に癒やされながらゆっくりと時間を過ごせるカフェは、里親との出会いの場でもあったが、新型コロナの感染拡大で客足は半分以下に落ち込んだ。

 カフェの入場料は餌代や医療費など猫の飼育費に充てていただけに、原田代表は「危機感があった」と言う。これまで以上にネットショップの商品の数を増やし、SNSでの宣伝にも力を入れた。管内の企業と共同で作ったオリジナルのコーヒー豆や十勝牛コンビーフ、さつまいもようかんは「wish応援セット」として売り出し、人気を集めている。現在はネットショップの売り上げが運営資金を支えている状態だ。

 これから暖かくなるにつれ、出産ピークを迎えて子猫の保護は増える見通し。原田代表は「コロナが収束するまでは、物販に力を入れて運営を維持したい。買い物をしていただくことで保護猫への支援につながります」と話す。

関連記事

釧路新聞社

雑海藻を餌とした肥育に挑戦【釧路町、標茶】

 【釧路町、標茶】釧路町昆布森産コンブを餌に肥育した標茶産肉牛のブランド化や商品開発を進める釧路町と標茶町は今年度、雑海藻を餌とした肥育に挑戦する。両町は昨年、互いの特産品を生かした商品開発や地...

長野日報社

「星ケ塔遺跡」今年も人気 今季初の日帰りツアー 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町観光振興局は22日、同町郊外にある国史跡「星ケ塔黒曜石原産地遺跡(星ケ塔遺跡)」を訪ねる日帰りツアーの今季初回を開いた。全国各地から定員いっぱいの15人が参加。一行は標高約1500...

然別湖上の景色 遊覧船で 安全確認入念に 今季の運航開始

 今季の然別湖の遊覧船運航が21日、始まった。10月末まで毎日運航され、普段はなかなか見ることができない湖上からの風景を楽しめる。  遊覧船は、鹿追の然別湖畔温泉ホテル風水が1963年から運...

大島紬がフェラーリ内装に ニューヨークで機織り実演も

 イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」が、本場奄美大島紬を織り込んだ生地を運転席の内装に使用した特別仕様車を製造し、話題を呼んでいる。大島紬織元のはじめ商事(鹿児島県奄美市名瀬、元允謙社長)が...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク