全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

子どもの成長願う五月人形 旧馬島家住宅

長野県伊那市高遠町の市民俗資料館は18日、端午の節句にちなんだ「五月人形展」を隣接する旧馬島家住宅で始めた。兜(かぶと)飾りや鎧(よろい)飾り、武者人形など約50点を展示。新型コロナウイルスの感染拡大防止のために休館していたが、同日から再び開館し、子どもの成長を願う家族の思いが詰まった品を鑑賞してもらおうと飾った。6月23日まで。

子どもの成長に伴い、家庭では飾らなくなったとして市民から寄贈された人形を毎年この時期に展示している。例年は5月末まで開くが、今年は旧暦に合わせて6月までの開催とした。

武者人形や豪華な三段飾り、屋内に飾る「御座敷幟(のぼり)」、牛若丸と弁慶を描いた「五月幟」などが並ぶ。明治、大正時代に作られたのぼりや鎧兜もある。同館は「時代が変わり、人形を飾らない家庭もある。こいのぼりも今ではほとんど目にすることがなくなった」とし、貴重な五月人形がそろう同展への来場を呼び掛けている。

入場料は高校生以下無料、大人200円。水曜日と祝日の翌日は休館。問い合わせは同館(電話0265・94・4044)へ。

関連記事

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク