全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

和菓子で「アマビエさん」 「疫病退散」の願い込め

串本儀平で販売されている和菓子「アマビエさん」

 「疫病退散」の願いを込め、和歌山県串本町の和菓子店「串本儀平」が、江戸時代の妖怪「アマビエ」をかたどった和菓子を販売している。新型コロナウイルス感染症が終息するまで販売する。
 アマビエは、豊作や疫病を予言するとされる半人半魚の妖怪。アマビエを描いた絵を人々に見せると、疫病が終息するという伝説がある。
 「アマビエさん」と名付けられたこの和菓子は、同店の丸山正雄工場長(44)が開発した。さまざまなアマビエの絵を参考にし、子どもから大人までに親しまれるように形や色に工夫を凝らし、かわいいアマビエに仕上げた。
 材料は外側が餅、山芋、白あんを使った練り切りで、中に白あんが入っている。つぶらな瞳は、ようかんで作っている。形が崩れないようにと冷凍で販売しており、価格は1個250円。
 同店は、新型コロナの影響で、例年観光客でにぎわうゴールデンウイークを含む約1カ月間、休業していた。丸山工場長は「お客さまに喜んでもらえればと思い、休業している間に考えた新商品。世の中が早くコロナから回復してもらいたい」と話した。
 同商品は町内の国道店、桟橋店、橋杭店で扱っている。郵送販売もしている。
 問い合わせは国道店(0735・62・0075)へ。

関連記事

長野日報社

萩倉のクラフトビール 田村さんが醸造工場、初出荷 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町萩倉で、かつて同町の酒造会社で蔵人として働いていた田村治男さん(35)=同町東町上=がクラフトビールの醸造を始めた。同地に建てた醸造工場で4月から仕込んできたクラフトビールを5月...

長野日報社

IWCリージョナルトロフィー 長野県辰野町の小野酒造店「夜明け前」が獲得

 英国のロンドンで行われた世界最大規模のワイン品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2022」のSAKE部門・大吟醸酒の部で、小野酒造店(長野県辰野町小野、小野能正社長)の「...

生黒ごまソフト食べて 帯広市内に十勝初の専門店「クリム」

 十勝初の生黒ごまソフトクリーム専門店「K.L.I.M(クリム)帯広店」が、健康をテーマとした帯広市内の複合施設「omoto」(西2南18)内にオープンした。同施設を運営する一般社団法人看しず...

荘内日報社

フェミナリーズ世界ワインコンクール 月山ワイン金賞受賞 庄内産ブドウ100..

 世界の女性のワイン専門家が審査する「第16回フェミナリーズ世界ワインコンクール」で、鶴岡市越中山のJA庄内たがわ「月山ワイン山ぶどう研究所」(成澤健所長)が醸造した「ソレイユ・ルバン 甲州シュール...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク