全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

和菓子で「アマビエさん」 「疫病退散」の願い込め

串本儀平で販売されている和菓子「アマビエさん」

 「疫病退散」の願いを込め、和歌山県串本町の和菓子店「串本儀平」が、江戸時代の妖怪「アマビエ」をかたどった和菓子を販売している。新型コロナウイルス感染症が終息するまで販売する。
 アマビエは、豊作や疫病を予言するとされる半人半魚の妖怪。アマビエを描いた絵を人々に見せると、疫病が終息するという伝説がある。
 「アマビエさん」と名付けられたこの和菓子は、同店の丸山正雄工場長(44)が開発した。さまざまなアマビエの絵を参考にし、子どもから大人までに親しまれるように形や色に工夫を凝らし、かわいいアマビエに仕上げた。
 材料は外側が餅、山芋、白あんを使った練り切りで、中に白あんが入っている。つぶらな瞳は、ようかんで作っている。形が崩れないようにと冷凍で販売しており、価格は1個250円。
 同店は、新型コロナの影響で、例年観光客でにぎわうゴールデンウイークを含む約1カ月間、休業していた。丸山工場長は「お客さまに喜んでもらえればと思い、休業している間に考えた新商品。世の中が早くコロナから回復してもらいたい」と話した。
 同商品は町内の国道店、桟橋店、橋杭店で扱っている。郵送販売もしている。
 問い合わせは国道店(0735・62・0075)へ。

関連記事

紀伊民報社

「甘くて濃厚」と好評 作業所開発のミニトマトジュース

 和歌山県みなべ町の「なかよし福祉会」が運営する「なかよし作業所」が、地元の農家からミニトマトを仕入れて作るジュースが「甘くて濃厚な味でおいしい」と好評だ。障害者の就労を支援する団体が作ったカタ...

パイ生地で彩り鮮やか 豊頃のエレゾがシカやクマの限定テリーヌ

 食肉加工・飲食業のエレゾ社(豊頃町、佐々木章太代表)は、テリーヌをパイ生地で包んだフランスの伝統料理「パテアンクルート」の販売を会員限定で始めた。  放牧豚やエゾシカ、クマなどの肉を使った...

荘内日報社

新東北みやげコンテスト最優秀 岡ざきのレトルト「みさきの一軒家」 県内初受..

 東北の新しいお土産品の発掘を目指す「第8回新東北みやげコンテスト」の最優秀賞に、岡ざき(鶴岡市美咲町、岡崎雅也社長)のレトルト食品ブランド「みさきの一軒家」が選ばれた。 同コンテストで最優...

荘内日報社

食堂への間借り出店スタート ギャラリー温泉「町湯」 多くの店とのつながり期..

 庄内町のギャラリー温泉「町湯」(齋藤千佳子支配人)で27日、施設内の食堂を貸し出す「間借り出店」を開始した。第1弾として「ハラダのカレー」が出店し、利用客らがスパイスの効いたオリジナルカレーを堪能し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク