全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

大樹ロケット防音壁製作【釧路】

 

小型ロケットの横吹燃焼実験で使用する大型燃焼実験用サイレンサのフレーム

 架橋など鋼製構造物の製作・施工を行う釧路製作所(釧路市川北町9、新名弘人社長)は、十勝管内大樹町で小型ロケットを開発するベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」(IST、稲川貴大社長)がロケットエンジンの燃焼実験の際に騒音対策で使用する「大型燃焼実験用サイレンサ(防音壁)」を製作している。5月末に完成し、さびないようにメッキ処理した後、6月末にISTの射場に納入する。

 防音壁は、ISTが2023年の打ち上げを目指す人工衛星軌道投入用ロケット「ZERO(ゼロ)」のエンジン横吹燃焼実験で使用する。3月上旬に製作依頼があり、フレームは綱製で高さ3・6㍍、幅0・9㍍、1基の重量は約350㌔で、11基製作する。現地に運んだ後、フレームに鉄板の消音材パネルを設置する。

 ZEROの推力(エンジンの強さ)は、これまでISTが打ち上げてきた小型観測ロケット「MOMO(モモ)」と比べると5倍になり、騒音も大きくなるという。同社経営企画室の田邉篤巳副室長は「燃焼実験では工場内にエンジンを横に置き、海側に向かって横方向に拭き上げ、防音壁を燃焼部分の左右に設置し、騒音を防ぐ」と説明する。

 製作には同社の若手社員を中心に10人が携わっており、設計を担当した技術グループの中川翔太主任は「ISTの要求に応え、また製作側からも要求を出すなど、互いにキャッチボールをしながら満足いくものができた」と話す。製作グループの生駒克利班長は「ISTの求めたものが開発できた」と語った。田邉副室長は「ゼロの開発に社として貢献できて良かった。今後も全面的に開発のサポートをしていく」と話している。

釧路製作所はこれまで、ISTに約2000万円を出資しているほか、鋼製構造物製造の技術を生かし、「MOMO」3号機の燃焼実験で使用した発射台の設備(架台)を製作、昨年5月4日の打ち上げ成功に貢献した。ZEROの開発に際し、同社では社内にロケットランチャー製作プロジェクト「チーム釧路」を設置し、ZEROの発射台などの「ランチャーシステム」開発にも取り組んでいる。

関連記事

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる 不作とひょう害で厳しく

 梅産地のみなべ町や印南町で、主力品種「南高梅」の収穫が始まった。JA紀州によると、暖冬や不完全な花が多かった影響などにより例年にない不作の上、ひょうの被害も重なり、厳しい年となっている。  ...

荘内日報社

庄内町産豚肉使用のレトルトカレー販売開始 北月山荘フレンチ食堂 モン・ヴィ..

 庄内町の月の沢温泉・北月山荘のフレンチ食堂「モン・ヴィペール」で調理を担当するシェフ・富樫一仁さん(42)が、同町産豚肉を使ったレトルトパック「ポークカレー」の販売を今月から開始した。同施設限定販...

国旗検定合格・山下さんの夢応援 帯広の澤田さん国連切手プレゼント

 帯広市在住の元自衛官澤田孝廣さん(76)は、「国際知識検定国旗(国旗検定)」1級に合格した下音更小学校3年生の山下康(こう)さん(8)に、1000枚超の「国連切手(国旗シリーズ)」をプレゼントし...

宇部日報社

おーるうぇいずが自立援助ホーム「永紬」開設 市内初20歳未満の入所施設【..

 NPO法人おーるうぇいず(松本鉄己代表)が、自立援助ホーム「永紬(なつむ)」を宇部市内に開所した。義務教育を終えた15歳からの子どもたちが、社会で自立した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク