全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

公共施設の再開に利用者の笑顔

トレーニングジムのランニングマシンで体を動かす男性(18日午前10時ごろ、市野球場で)

 県が国の緊急事態宣言の対象地域から除外され、宇部市内で新たな感染者が発生していないことを受けて、市内の多くの公共施設が18日から再開された。各施設では、ソーシャルディスタンスの確保、消毒などの感染予防対策を徹底し、利用者を迎え入れている。

 宇部市体育協会(千葉泰久理事長)が指定管理する市野球場「ユーピーアールスタジアム」などの体育施設も再開され、同球場2階のトレーニングジムで体を動かしたり、トレーニングルームで卓球を楽しんだりする市民が午前中から訪れた。    3月3日以来の開場となるトレーニングジムでは利用人数を最大20人までとし、時間も最大2時間に制限。トレーニング機器を一部減らした上、各機器に消毒液の入ったスプレーを用意した。利用時のマスク着用を義務付けたことに伴い、高強度トレーニングを自粛するよう呼び掛けている。    トレーニングルームでの卓球も、1台につき3人まで、最大2時間などの制限がある。また、利用は原則的には市民に限定。利用者には連絡先などを記入してもらい、確認できるようにしている。    卓球の練習に来たグループの男性は「仲間と練習できるのは、やはりうれしい」と、再開を喜んでいた。

関連記事

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる 不作とひょう害で厳しく

 梅産地のみなべ町や印南町で、主力品種「南高梅」の収穫が始まった。JA紀州によると、暖冬や不完全な花が多かった影響などにより例年にない不作の上、ひょうの被害も重なり、厳しい年となっている。  ...

荘内日報社

庄内町産豚肉使用のレトルトカレー販売開始 北月山荘フレンチ食堂 モン・ヴィ..

 庄内町の月の沢温泉・北月山荘のフレンチ食堂「モン・ヴィペール」で調理を担当するシェフ・富樫一仁さん(42)が、同町産豚肉を使ったレトルトパック「ポークカレー」の販売を今月から開始した。同施設限定販...

国旗検定合格・山下さんの夢応援 帯広の澤田さん国連切手プレゼント

 帯広市在住の元自衛官澤田孝廣さん(76)は、「国際知識検定国旗(国旗検定)」1級に合格した下音更小学校3年生の山下康(こう)さん(8)に、1000枚超の「国連切手(国旗シリーズ)」をプレゼントし...

宇部日報社

おーるうぇいずが自立援助ホーム「永紬」開設 市内初20歳未満の入所施設【..

 NPO法人おーるうぇいず(松本鉄己代表)が、自立援助ホーム「永紬(なつむ)」を宇部市内に開所した。義務教育を終えた15歳からの子どもたちが、社会で自立した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク