全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

埼玉でゴーヤ苗定植 大浜郷友、8月品評会向け

グランプリー奪還に燃える新良さん(左)と大島さんの2人=5月10日、狭山市の新良さんの菜園

 【埼玉県狭山】5月8日は「ゴーヤーの日」。新型コロナウイルス感染拡大に伴い東京在郷友会のイベントが軒並み中止になる中「ゴーヤ苗の定植は5月上旬が適期。早めに本畑に定植するように」と呼び掛けているのが東京大浜郷友会(前津紳雄会長)。「よっしゃ、ゴーヤ会は私たちに任せて…」と意気込む入間市鍵山地区に住む大島弘光さん(56)=大浜出身・同会会計=と狭山市上奥富地区の新良文二さん(74)=白保出身=の2人。

 新良さんはゴーヤ品評会優勝常連者。大島さんは一昨年のグランプリ。2人は、土づくりや自ら確保した種をまき、育てることから始める研究熱心な家庭菜園の本格派。ゴーヤ、ヘチマ、キャベツ、ナスなどを有機栽培し、お互いに栽培技術を競い合うライバル同士だ。

 「ゴーヤーの日」、畑に集まり、ゴーヤ栽培談議に花を咲かせた。早速、新良さんは接ぎ木苗10本定植。

 品評会は8月中旬を予定(コロナウイルス感染の終息が前提)。当日は、自慢の作品を審査し、等級をつけ3等まで豪華景品を贈る。出品は1人3点とし、長さや重量、品質、土づくりなどが対象になる。

 同会は、1976(昭和51)年の8月、自作のゴーヤ料理に舌鼓を打ち、故郷をしのんだ役員会を本紙で紹介したのがきっかけで44年の歴史を誇る。

 前津会長は「ゴーヤ品評会の開催ができるか否か、分かりませんが、苗を作付けして準備を進めている。同会の歴史は長く、普及や消費に貢献度は高い」と話す。  (有田静人特別通信員)

関連記事

紀伊民報社

大規模演習で防災力確認 熊野川河川敷に600人参加

 和歌山県新宮市の熊野川河川敷で28日、総合水防演習があった。国土交通省や県、周辺自治体のほか、警察や消防、自衛隊などから約600人が参加し、いざという時の対応策を確認した。  紀伊半島大水害(...

荘内日報社

「し のたまわく……」 御隠殿に元気な声響く 鶴岡・少年少女古典素読教室

 「しのたまわくまなんでしこうしてこれをじしゅうす(子曰学而時習之)」―。旧庄内藩校「致道館」の学風を受け継ぎ、半世紀を超えて続く「少年少女古典素読教室」の本年度開講式が28日、鶴岡市の致道博物館内の...

足湯に漬かってワンちゃん満足 十勝川温泉ドッグラン

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンした。  この日は午前10時のオープン後...

舟こぎ競争、3年ぶり開催へ 奄美まつり パレード、八月踊りは見送り

 鹿児島県奄美市の奄美まつり協賛会(会長・安田壮平奄美市長)の2022年度総会が27日、奄美市役所会議室であり、今年の「第59回奄美まつり」は規模を縮小して8月5、6の両日に開催する方針を固めた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク