全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

給食甲子園の「味」 お弁当で楽しんで

長谷中学校の教諭らが考案し、全国学校給食甲子園で上位入賞したメニューの弁当を準備する農家レストラン「すずな」の主婦たち

長野県伊那市長谷非持の道の駅南アルプスむら長谷にある農家レストラン「すずな」は16日、長谷中学校の生徒と教諭が考案した料理メニューを弁当として再現し、限定20食分を販売した。弁当は昨年の全国学校給食甲子園決勝大会で3位に入賞したメニュー。今月23日に再び弁当で販売した後、6月からはレストランのメニューとして提供する。

給食甲子園(NPO法人21世紀構想研究会主催)は、地場産品を使った学校給食を全国から募り、おいしさや栄養価を審査するコンテスト。同校では原真理子栄養教諭や中尾志津香調理員らが考案したメニューが大会で評価された。同レストランでは「食べてみたい」という住民の声を受け、同校の協力を得て一般向けの販売を思い立った。

弁当は、オーブンで焼いた「豚肉大葉の元気みそ巻き」や「干し野菜とこんにゃくの甘辛和え」「具だくさん長谷汁」など。材料の約8割は地元産食材を使った。当初からレストランでの提供を考えていたが、新型感染症の影響で5月末までの閉店を余儀なくされ、弁当に変更し、試しに予約注文で販売した。

羽場好美店長(61)は「どの料理もすごくおいしい。メニューは塩加減を控えるなどレシピ通りに作っており、多くの方に召し上がってほしい」と話した。23日にも限定30食分の弁当(税込み価格700円)を販売する。定数になり次第締め切り。問い合わせは小池さん(電話080・1025・1358)へ。

関連記事

豊頃生まれ 地ビールで乾杯 大麦と小豆で風味豊か

 豊頃町内産の大麦と小豆を原料にした2種類のクラフトビール(地ビール)を澄川麦酒醸造所(札幌市)が今月上旬に醸造し、地域の話題になっている。小笠原ファーム(町北栄)の大麦を使用した「GO OUT(...

長野日報社

土用マツタケ豊作 香りも味も「申し分ない」

長野県諏訪市湖南などで秋の味覚のマツタケが収穫されている。梅雨の時期が秋に似ていることから出るとされ、「土用マツタケ」とも呼ばれる。今年は長雨の影響もあり、この時期としては”豊作”で虫食いも少な...

ドライブスルーでマルシェ 帯広の一心商店

新商品「みそ豚まん」販売も  「ドライブルスルー八百屋」などを展開する一心商店(帯広市、飯塚忠志社長)は24、25の両日、「ドライブスルーマルシェ」を帯広市西8南14の空き店舗で開催する。十勝産野...

おいしい朝取りスイートコーン 芽室で収穫始まる

 スイートコーンの収穫作業が、生産量日本一の芽室町内で始まっている。  町北芽室の坂東農場では、生食用1.2ヘクタール、加工用4.5ヘクタールで作付け。生食用は3月下旬からハウスで苗作りを行...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク