全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

道の駅が営業再開

 新城市八束穂にある道の駅「もっくる新城」と作手清岳の「つくで手作り村」が16日、営業を再開した。国の緊急事態宣言は解除された一方で、県の宣言は継続中。観光業で誘客促進を図ってきた奥三河は、難しいかじ取りを迫られている。

 二つの道の駅は、従業員のマスク着用や消毒液の設置など、感染防止対策をした上で約1カ月ぶりに営業を再開した。「つくで」は営業時間を2時間短縮している。  「もっくる」は、卵かけご飯の食べ放題「温玉モーニング」やバイキングランチなど一部メニューを中止してフードコートを営業している。この日は雨だったこともあり、客足は通常と比べて約3割にまで落ち込んだ。車約300台が訪れ、県外ナンバーは約1割にとどまった。  田原直駅長は「3月末から4月上旬にかけて県外ナンバーが多く、ツーリングやデートなど仕事以外の利用者が目立ったため、先月16日から休館した。今は期待と不安が入り交じった気持ちだ。11カ月で1年分の売り上げを達成できるよう、移動販売車の展開など新たな取り組みもしていきたい」と前を向く。  敷地内に案内所を構える奥三河観光協議会の安彦誠一事務局長は「営業が再開されてほっとしているが、まだ大きな声でウェルカムとは言えない。微妙な心境だ。案内所も31日までは休館する。今月は豊根村のシバザクラが見頃で、1シーズンに25万人の観光客が来るだけに残念」と話した。  「もっくる」を訪れた知多市の男性(67)は「妻と2人で、ここにしか売っていないハチミツを買いに来た。営業再開が待ち遠しかった。これからすぐ帰ります」と話した。そのほか、奥三河産の野菜やパンなどを買い求める客の姿が目立った。担当者は「マスク着用などの予防対策をして来てほしい」と呼び掛けている。  道の駅「鳳来三河三石」(新城市下吉田)の営業再開は18日。

関連記事

画面越し十勝ツアー 自粛で減収 補てん策 産品送り気分演出

 新型コロナウイルスの影響が長引く中、十勝管内の観光・運輸業者の一部に、オンライン上で観光や農作業を楽しむ疑似ツアーを開催する動きが出ている。夏場から収穫の秋にかけて十勝は、本来なら観光の稼ぎ時だ...

紀伊民報社

ごまさんスカイタワーが新メニュー

 和歌山県田辺市龍神村の高野龍神スカイライン沿いにある道の駅「田辺市龍神ごまさんスカイタワー」は、ケーキやハンバーガーを独自に開発して利用客にPRしている。  展望レストランのスタッフが、新型...

豊橋のハウス栽培「次郎柿」収穫出荷

 豊橋市石巻地区で、温室栽培した次郎柿の収穫が始まった。今年も甘みたっぷりで、シャキシャキとした歯ごたえが味わえるという。  市内では露地栽培ものより早い収穫と出荷をするために、1980年か...

「狩勝電鉄」が試運転 りくべつ鉄道で 増田さん自作

 旧ふるさと銀河線の気動車や線路を活用した観光施設「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」で3日、新得町の狩勝高原エコトロッコ鉄道で8日に運行を開始する手作りトロッコ電車「狩勝電鉄」の車両が試運転を行っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク