全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

天守閣復興から50年 諏訪市の高島城

復興50年を迎えた高島城(4月17日撮影)

長野県諏訪市の高島城が16日、天守閣の復興から50周年の節目を迎えた。1875年までに城内の建物が全て取り壊されたが、大正時代以降に再建運動が何度か起こり、公費を使うことなく寄付のみで天守閣などを復興。1970年5月16日に復興式典が開かれた。関係者は「高島藩の長い歴史と半世紀前の復興運動に思いをはせ、この機会に足を運んでもらえたら」と願っている。

諏訪市教育委員会が1970年に発行した「諏訪高島城」などによると、最初の復興運動は22年。上諏訪町(現諏訪市)の職人たちが組合を設立し、募金活動を始めた。直後の世界恐慌で断念するが、この時作られた瓦製のしゃちほこが手長神社境内の聖徳神社に現存している。

4度目の運動が結実

運動が結実するのは62年から始まった4度目。諏訪市大手町で割烹旅館を営んでいた南佐久郡南相木村出身の中島篤平氏が「諏訪のお役に立つご奉公を」と東奔西走。当時の岩本節治市長が引き継ぎ、期成同盟会が発足すると、7212人から9536万円余の寄付が集まり、全額寄付金で67年12月の着工にこぎ着けた。

復興天守閣は鉄筋コンクリート造り3階建て。設計は工学博士の大岡實氏、建築工事は熊谷組、基礎工事は竹中工務店が担当した。天守閣以外の木造建築物は諏訪工匠組合が伝統工法で再現し、庭園は諏訪造園業組合の奉仕により実現している。

70年の式典には1300人参列

70年5月16日の式典には1300人が参列し、神事の後、騎馬行列、龍神の舞、八剱太鼓、長持ちなどを盛大に繰り広げた。当時、諏訪市職員だった男性(83)は「いざやろうとなった時の諏訪の人たちの心意気は大したものだと思った」と述懐する。

近年は桜の名所として知られる高島城。天守閣には寄付者の名前をたがねで刻んだ銅板が掲げられている。大昔調査会(諏訪市)の高見俊樹理事長(63)は「高島城は諏訪大社、御柱と並んで諏訪という一つのまとまりをつくる大事な要素。50年を経て復興高島城の価値は高まっている。残していく意味を考えていかなければ」と話している。

関連記事

長野日報社

磨いてピカピカ 漆喰で「光る泥だんご」 原村郷土館で教室

原村郷土館は3日、漆喰を使って「光る泥だんご」を作る教室を開いた。原村と諏訪市から夏休み中の小学生ら14人が参加。白い漆喰を塗った泥だんごに色漆喰を塗り、ガラス瓶で表面を磨いて光沢を放つ美しい...

赤塚山公園ポニーがトレーニング中

 豊川市市田町の赤塚山公園の動物広場「アニアニまある」に今春仲間入りしたポニーの「ミライ」が、市民と触れ合う未来に備えて元気にトレーニングに励んでいる。  1995(平成7)年の開園当初から...

長野日報社

「5つのお願い」呼び掛け 八ケ岳に夏山登山相談所

諏訪地区山岳遭難防止対策協会と茅野署は4連休初日の23日、八ケ岳連峰の美濃戸口と奥蓼科に夏山登山相談所を設置した。同協会相談員が登山者の登山計画書や装備などを確認し、県が示す安全登山への”5つの...

とよかわタイムス稲荷周辺で初の取材研修

 豊川市の若手職員らでなり、主にSNS発信でシティセールスに取り組む「とよかわタイムス」のメンバー13人が22日、豊川稲荷境内と門前商店街で初の研修に臨んだ。  写真の撮り方や文章で伝えるポイン...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク