全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

緊急事態宣言解除 「喜びより不安」の声

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が14日、和歌山県など39県で解除された。経済の回復や学校の再開に期待する声がある一方、紀南の市民からは「喜びより、不安の方が大きい」という意見が目立った。

 白浜町の白浜温泉旅館協同組合(加盟24施設)の3月の宿泊者数は3万4693人で前年同月比の約3分の1、4月は7691人で10分の1以下に落ち込んだ。
 緊急事態宣言は解除されたが、白浜温泉街では「劇的に好転することはない」との声が聞かれる。毎年、300万人超の観光客が訪れるが、大阪や兵庫、京都など「特定警戒都道府県」からの来訪も多いためだ。
 ある宿泊施設は「受け入れる立場としては、これまで以上に衛生管理をしっかりやらないといけない」と気を引き締める。休業を続ける町内の観光施設の動向も注視していくという。
 外出自粛で苦境に立つ飲食店も楽観視はしていない。田辺市湊で居酒屋を経営する男性(36)は「県外も含めた人の動きが活発になり、感染がまた拡大しないか心配。うちは今月末までは、テークアウト(持ち帰り)のみを続ける。今年中は例年通りの営業は難しいと覚悟している。今は店を維持できれば、もうけはいい。田辺の飲食店から感染者を出してしまうと取り返しがつかない」と慎重だ。
 宣言が出る以前から外出を控え、外食もしていないという同市栄町の会社員女性(23)は「正直、まだ外出はできない。飲み会が好きで、事態が収束したら集まろうと、いくつも約束しているけれど、実現はもっと先になると思っている。感染そのものより、感染したことに対する世間の反応が怖い」と当面自粛を続けるつもりだ。
 ホテルや飲食店、土産物店との取引が多い同市福路町の海産物加工会社を経営する男性(50)は「商売はコロナの直撃を受けており、解除してくれてホッとしている。しかし、すぐに回復するとは思っていない。感染が拡大するようでは困るし、複雑な心境。夏ごろまでには安心して観光客を迎えられるようになったらいい」と期待する。
 3月から休校が続く学校も再開に向けて動きだしている。小学6年生と4歳の子どもがいる同市湊の女性(37)は「子どもたちも長期の休みで生活リズムが崩れている。学習面や体力面が心配。解除され、日常が少しずつでも戻るのはありがたい。それでも感染に対する不安は拭えない。感染の第2波ですぐ休校になるようでは困る」と話した。

関連記事

「あんまぁ~ず」が総理大臣表彰  与論町 出産・子育て応援に尽力

 鹿児島県与論町(奄美大島)のNPO法人「よろん出産子育て応援隊あんまぁ~ず」はこのほど、子育て支援の活動で顕著な功績があったとして、内閣府の「2021年度子供と家族・若者応援団表彰」の子育て・...

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

長野日報社

装丁家荒川じんぺいさん 富士見町内などで移動式コーヒー店

富士見町信濃境の装丁家でエッセイストの荒川じんぺいさん(75)が、移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」を町内などで開店している。軽トラックを改造した店舗に、自らデザインした八ケ岳とコーヒーポット...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク