全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「店開けられうれしい」 十勝も再開へ準備

 道が石狩管内を除く地域で、新型コロナウイルス感染拡大に伴う休業要請を一部解除すると発表したことを受け、十勝管内の飲食店や学習塾などでは再開を検討する動きが出てきた。帯広市内の「北の屋台」(西1南10)は16日からの営業再開を決定。一方、緊急事態宣言は続いており、消毒や換気の徹底など警戒態勢の中での再開となる。

営業再開に向けて準備を進める「ケ・セラ・セラヴィ!」の菊地店主

 「店を開けられるのはうれしい。密室なので、来てくださいと大きくは言えないけど…」。北の屋台に今期オープンしたデザート&バー「ケ・セラ・セラヴィ!」の菊地奈実子店主(34)は、ほっとした表情で話す。

 北の屋台は4月に7期目がスタートし、初出店7店を含む計20店が店を構える。同17日に開店したが、新型コロナの影響で1週間足らずでの休業となっていた。

 まだ営業になれていない中、オープンからわずか6日で休業が決定。先行き不透明な中、週に数回は店で試作などに努めた。「6日間で足りない部分も見えてきた。自分だけがこういう状況のわけではないし、国や市の補助もある。長く続くと厳しいけれど」と前向きに準備を進めてきた。

 北の屋台各店舗は営業再開後、6席以内に席数を絞り、1時間に1回の換気などを行う。菊地店主は「早く落ち着いてほしい。夏は屋台が一番盛り上がると聞くので、その景色が見たい」と収束を望む。

関連記事

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日...

紀伊民報社

仏手柑収穫シーズン

 和歌山県田辺市内で、正月飾りや生け花などに使われる希少なかんきつ類、仏手柑(ぶっしゅかん)の収穫が始まった。  インド原産。形が仏の手のように見えることから、この名前が付いたといわれる。果肉は...

荘内日報社

出羽三山神社「松例祭」に備え 掛け声合わせ「厄綱」の綱打ち作業 コロナ収束..

 出羽三山神社の松例祭で使われる「厄綱」の綱打ち作業が28日、鶴岡市羽黒町荒川の農業・加藤忠志さん(74)方で行われた。地区の男性が「追い廻し」と呼ばれる太い綱を仕上げ同神社に奉納した。  例...

「とまチョップバス」市内中高生が側面にイラスト、道南バスが1日から期間限..

苫小牧の中学校と高校計5校は27、28の両日、道南バス(室蘭市)が苫小牧市内で走らせる路線バス1台の側面に市の公式キャラクター「とまチョップ」を描いた。バスは12月1日から25日まで期間限定運行す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク