全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

初夏告げる奄美モズク 優しい磯の風味、収穫始まる 笠利町喜瀬

喜瀬漁港近くの海岸で、船いっぱいに収穫した奄美モズクを手にする関係者=14日、鹿児島県奄美市笠利町

 奄美の初夏を告げる養殖モズクの収穫が始まった。14日、鹿児島県奄美市笠利町喜瀬の海岸では、笠利水産(外薗哲郎代表)が笠利湾沖で養殖したモズクを船に引き上げ、海水で洗う作業に追われている。収穫後、海岸ではスタッフが海水で手洗いし、主に本土へ向けて出荷されていく。収穫は6月中旬まで続く。

 同社が手掛けるのは奄美モズク。こりこりとした触感と、優しい磯の風味が特徴。毎年2月に種付けし、5~6月に収穫の時期を迎える。今年は12日から収穫を開始。毎年台風の影響を受けやすく、沖縄産モズクの生産量との兼ね合いで価格の変動が出やすいが、今年の出来は「今までで最高」と外薗代表は胸を張る。

 海水で洗ったままの状態で冷蔵・冷凍保存し、食べる前に真水で洗って三杯酢やめんつゆ、みそ汁などに入れるのがおすすめ。毎年同社で生の奄美モズクを購入し、本土の知人に直送している女性は「ここの奄美モズクは食感、香り、風味が全然違う。毎年楽しみにしている」と笑顔で話した。

関連記事

長野日報社

御柱祭下社里曵き 安全な曳行へ氏子協力 夜間にずれ込み日程課題 長野県

 諏訪大社御柱祭下社里曳きは14~16日に長野県下諏訪町で行われ、春宮、秋宮の社殿の四隅に計8本の御柱を無事に曳き建てた。初日午前に小雨が降ったが期間を通じて天候に恵まれ、新型コロナウイルスの感染...

紀伊民報社

パンダの竹でイカの産卵床 食べ残し使い30基

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は17日、ジャイアントパンダが食べ残した竹の枝葉を使ってアオリイカの産卵床を作った。町内の海底に沈めて産卵状況を観察し、効果があれば継続し...

荘内日報社

天神祭のごっつぉ「化け弁」楽しんで 鶴岡4事業所予約受け付け プレゼント・..

 伝統の祭りの雰囲気を家庭で楽しんでもらおうと、鶴岡商工会議所は今年も鶴岡市の天神祭(25日)に合わせた弁当「化け弁」の販売を企画した。地元食材を使った「祭りごっつぉ」を楽しんでもらう企画で、新たに...

女児に付きまとい校区で続発 帯広栄小学校 防犯教室を前倒し

 帯広栄小学校(市西17北1、塩田直之校長、児童393人)の校区内で4月中旬から不審者情報が相次いでいることを受け、同小は予定していた恒例の防犯教室を前倒しし、16日に実施した。帯広署員を講師に招...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク