全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

宇部テイクアウト応援プロジェクト「ウベ絆メシ」スタート

「ウベ絆メシ」のサイトの一部

 新型コロナウイルスの感染拡大で窮地に立たされている飲食店の役に立ちたいと、プロのデザイナーが中心となって、宇部テイクアウト応援プロジェクト「ウベ絆メシ」をスタートさせた。ウェブサイトを立ち上げ、無料で店舗と持ち帰りができる商品を紹介。市の「うべ飲食店・応援プラットフォーム」とも連動させる。    提案したのは、県デザイン協会YDA。宇部代表理事の吉井純起さん(ヨシイ・デザイン・ワークス)が「料理人とデザイナー、同じ専門家としてリスペクトして器を作りたい」と会員35人に協力を呼び掛け、明るいイメージのサイトデザインを完成させた。「デザイナーの職業的役割は、社会における良い関係づくり。現在苦境にある飲食業の皆さんと、おいしい料理を求める消費者の絆が深まり、食を通してまちが元気になれば」と思いを語る。掲載店は随時更新し、14日正午現在32店になっている。利用者は地域、メニュー、キーワードから検索できる。    掲載の申し込みは「ウベ絆メシ」のサイト(http://ubekizunameshi.com/)からか、平日の午前8時半~午後5時半にサイトを運営している宇部日報社内の事務局(電話31-1616、メールtopics@hoinet.com)まで連絡を。うべ飲食店・応援プラットフォームに関しての問い合わせは、市商工振興課(同34-8355)へ

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク