全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「八結」が共同販売8年目 八ケ岳西南麓のグループ

富士見町のJR富士見駅前の商店にある「八結」のコーナー

 八ケ岳西南麓の富士見町や原村、山梨県北杜市で雑貨や農作物加工品などを手作りしている人たちがグループ「八結」をつくり、共同で行っている販売活動が今年8年目を迎えた。諏訪地方や北杜市の高速道サービスエリアや観光施設など6カ所にコーナーがある。グループ活動が販路拡大や互いの助け合いにつながっているという。

 八結の名称には、八ケ岳山麓の土地の恵みを受けて暮らす人たちの手間暇惜しまない手仕事が作った、使い手と作り手がともに笑顔になる「いいもの」が生活と結ばれるように―との意味を込めた。当初は個人や夫婦の4店でスタート。現在は日用雑貨やハーブ茶、せっけん、羊毛フェルト、刺し子の小物、食用ホウズキの加工品などを作って販売する8店でつくっている。

 コーナーには八結のパンフレットを置き、メンバーや商品などを紹介。それぞれの商品には八ケ岳の「8」と、縁起がいいと言われるヒョウタンの形からデザインした八結のシールを貼って販売している。

 コーナーは当初、中央道八ケ岳パーキングエリア(北杜市)だけだったが、観光施設などにも広がり現在6カ所。「うちにもコーナーを設けて」と声が掛かるなど販路が拡大したという。

 メンバーによる月1回のミーティングでは商品企画について相談に乗ってもらったりも。売り場の商品補充などでも互いに助け合っているという。

 発足当初からのメンバーで自家焙煎コーヒー豆を製造販売する中原英貴さん(57)=富士見町乙事=は「コーナーを設けることでお客さんの目に留まりやすくなる。商品を知って、愛好してくれる人もいる」と話している。

関連記事

紀伊民報社

防災用品の購入急増 地震発生であらためて危機感

 3日に和歌山県の田辺市などで震度4の揺れを観測する地震が発生したのを受け、紀南地方で防災用品への関心が高まっている。田辺市内のホームセンターでも在宅避難用グッズの購入が増えている。  田辺市...

荘内日報社

ハタハタ高値 台所を直撃 「大黒様のお歳夜」他の魚に代替えも 複雑な表情

 9日は「大黒様のお歳(とし)夜(や)」。庄内ではハタハタの田楽を食べる風習があるが、今年はハタハタ漁に異変が起きている。1月から10月までの水揚げは昨年と比べて半減。近年指摘されている高い海水温が原...

62年前の苫東高新聞を発見、現役局員は質の高さに驚き

苫小牧市王子町の私設文学館「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」で、1959(昭和34)年12月5日付の苫小牧東高新聞第40号が見つかった。2019年に78歳で亡くなった詩人の故斉藤征義さんは、同高O...

地域交通に暮らしの視点 国交省、コロナ後へ研究会 十勝バスもモデル

 国土交通省はアフターコロナ時代の地域交通の方向性を考える新たな研究会を立ち上げた。新型コロナウイルスの影響で旅客の輸送需要が減少する中、地域の足としてのセーフティーネットに加え、地域住民の暮らし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク