全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

新しい地方創生の時代つくる 鶴岡シーズ開校式 農業担い手1期生決意胸に

 有機農業を中心にした座学や実践で地域農業の担い手を育成する鶴岡市立農業経営者育成学校「SEADS(シーズ)」の開校式が12日、同市千安京田の同校で行われた。首都圏など全国から入校した20―50歳の1期生男女13人が、農業者としての第一歩を踏み出した。

 第1期生は首都圏や関西、県内、市内などから集まった。職歴はシステムエンジニア、医学系研究者、国家公務員、養護教諭、飲食業、大学生など。

 屋外で行われた開校式には約40人が出席し、皆川治市長が「農業は裾野が広く、鶴岡の基幹産業。農業を担う人材の育成・確保が生産や農村コミュニティーを維持する上で大きな課題となっている。皆さんが学び、地域に定着し、後輩たちが続いて地域に活力を与えてくれる。鶴岡から日本のモデルとなる地域発の人材育成施設につくり上げていく」とあいさつ。支援体制を組む関係機関・団体の代表がテープカットし、開校を祝い合った。

 1期生を代表し、広島市出身で食品関係研究所に在籍する五領田(ごりょうだ)小百合さん(32)が「食べることは生きること。安全で安心なおいしい食べ物を生産しみんなの笑顔を守りたい。鶴岡市の発展と社会課題解決のために持続可能な農業を通じてさまざまな人とつながり、新しい地方創生の時代をつくることを誓います」と決意を述べた。

 シーズは、市が県から取得した「旧いこいの村庄内」の施設を活用し開校した。農業に関心を持つ首都圏などの若者が共同生活しながら2年間、座学と実践、農家でのインターンを通じて有機農業を中心に農業経営に必要な全てを学び、鶴岡での独立就農につなげてもらう。市と地元のJA、教育機関、民間企業の8者が連携し、研修生の就農準備から経営安定化までを支援する。シーズの年間運営費は委託料や施設管理経費などを含め約4000万円。

 開校式は当初、4月10日に予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大に伴い延期していた。1期生たちは同日から研修に入り、座学とともに稲作やミニトマトなど野菜栽培の実践などが行われている。来春入校の2期生(定員17人)については、夏ごろから募集に入る予定。

農業への志を抱き、笑顔で開校式を迎えた1期生

関連記事

紀伊民報社

防災用品の購入急増 地震発生であらためて危機感

 3日に和歌山県の田辺市などで震度4の揺れを観測する地震が発生したのを受け、紀南地方で防災用品への関心が高まっている。田辺市内のホームセンターでも在宅避難用グッズの購入が増えている。  田辺市...

荘内日報社

ハタハタ高値 台所を直撃 「大黒様のお歳夜」他の魚に代替えも 複雑な表情

 9日は「大黒様のお歳(とし)夜(や)」。庄内ではハタハタの田楽を食べる風習があるが、今年はハタハタ漁に異変が起きている。1月から10月までの水揚げは昨年と比べて半減。近年指摘されている高い海水温が原...

62年前の苫東高新聞を発見、現役局員は質の高さに驚き

苫小牧市王子町の私設文学館「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」で、1959(昭和34)年12月5日付の苫小牧東高新聞第40号が見つかった。2019年に78歳で亡くなった詩人の故斉藤征義さんは、同高O...

地域交通に暮らしの視点 国交省、コロナ後へ研究会 十勝バスもモデル

 国土交通省はアフターコロナ時代の地域交通の方向性を考える新たな研究会を立ち上げた。新型コロナウイルスの影響で旅客の輸送需要が減少する中、地域の足としてのセーフティーネットに加え、地域住民の暮らし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク