全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北大など開発チーム、自動運転の試験車両公開 苫東舞台に走行の実証実験

積雪環境の自動走行研究に使われている車両。熱源感知センサーなどの計測機器が複数装着されている=18日、北大構内

 苫小牧市柏原の苫小牧東部地域などを舞台に、積雪環境下での自動運転車の技術開発を進める官民合同プロジェクトチームは18日、札幌市北区の北海道大学構内で報道陣に研究開発の概要説明を行い、走行試験用の車両を公開した。チームは今年度から3カ年計画の実証実験を通じ、冬道30キロを自動走行できる基本技術の確立を目指しており、技術責任者でロボット工学や制御技術専門の江丸貴紀北大准教授は「3年間で雪道運転の支援技術の構築を目指したい」と意気込みを示した。

 プロジェクトには北大と自動車関連企業など民間6社から約40人が参加。経済産業省の補助制度を活用し、3カ年で総額1億3000万円をかけて新しい技術を開発する。走行試験の車両にはヤマハ発動機のオフロード用4輪バギーを使用。屋根と前方下部に自動走行に必要なデータ収集用の熱源感知センサーやカメラ、GPS(全地球測位システム)など七つの計測器を搭載。白線などの目印が見えない雪道でも安全に走行できるシステム「Snow―SLAM」の構築を目指す。

 同システムは自車の位置と向き、周辺の地図データを同時取得し、吹きだまりや道路脇の雪山など路面状況を認識して安全に自走できるルートを自己判別する新技術。実証実験を繰り返し開発と実用化につなげる。

 走行試験の舞台とした苫東の柏原地区には、約500メートルの直線と林道を含む約1キロを周回する2コースを設定。今年度は昨年12月に初回、今月22~26日に2回目、2月下旬に3回目を予定している。来年度以降の日時は未定だが、引き続き苫東を基本に実施。技術開発の進展によって「試験の場所を広げる可能性もある」としている。

 雪道の自動走行技術は、世界的にもデータの報告例などが少ない分野。今回のプロジェクトで確立された技術はすべて公表していく予定で、江丸准教授は「北海道の過酷な自然環境で行われ、開発された技術が世界をリードできるよう頑張りたい」と話した。

関連記事

荘内日報社

酒田産日本酒が初めて中国・唐山市へ

 酒田市の友好都市である中国河北省唐山市に酒田産の日本酒が初めて輸出されることになり18日、輸出記念式典が輸出元である同市黒森の酒蔵「菊勇」(佐藤剛宏社長)で行われ、関係者がさらなる県産品の輸出拡大...

紀伊民報社

小規模修繕は自前で 南紀白浜エアポート

 南紀白浜エアポートは、運営する南紀白浜空港(和歌山県白浜町)内の滑走路や外周道路の小規模な損壊はできるだけ自分たちで修繕するようにしている。業者に頼むより費用を大幅に抑えられ、緊急時でも対応で...

被災地を笑顔に 「仮設の歌姫」奥野さんが復興応援ライブ-厚真

 全国の被災地で歌を届ける活動を展開し、「仮設の歌姫」として知られる大阪府出身の歌手・奥野ひかるさんが17日、厚真町表町公園仮設住宅で胆振東部地震で被災した町民を元気づける復興応援ライブを開いた...

出光道製油所構内、緑地整備に最高位 一般開放や地域交流も評価-都市緑化機..

 苫小牧市真砂町の出光興産北海道製油所は構内の緑地整備が評価され、公益財団法人都市緑化機構(東京)から全5段階の認定制度「社会・環境貢献緑地評価システム(シージェス)」で最高位を取得した。担当者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク