全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ビート紙筒 中国に 普及へ技術協力 日甜

天圃農技で今春に行われたポット苗づくりの様子(日甜提供)

 日本甜菜製糖(東京、惠本司社長)は今年から中国で、ペーパーポット(紙筒)を利用したビート栽培の普及に向けた技術協力に乗り出している。同社が長年培ってきた紙筒栽培技術で、気象条件の厳しい同国北部でのビート事業発展に寄与することで、海外展開に弾みをつけたい考え。

 技術協力するのは、同国内モンゴル自治区でビート糖業などを手掛けるグループ「天圃(てんぽ)集団」傘下の「天圃農業科技発展有限公司(天圃農技)」。同グループは全道のビート作付面積を上回る農地で直播(ちょくはん)栽培してきたが、寒冷な気候や強風のため、収量・糖度が低いことが課題という。

 そこで、天圃農技は生育日数を確保できる紙筒に着目。元道立農業試験場の佐藤久泰氏の指導も受け、紙筒栽培導入を模索してきた。昨年の試験栽培では直播に比べ8割近い収量増につながったとし、行政もこの成果に注目。昨年10月には同自治区最北部アルグン市の市長も同社関係者と共に来日し、本格導入に向けて日甜に協力を依頼した。

 日甜は育苗技術指導を行う。また、ビート苗移植機を製造する子会社のサークル機工(滝川市)が2月、天圃農技とライセンス契約を締結、機械化に向けた技術指導を行う。

 今年は同市など同自治区内2地域で当初計画していた800ヘクタールをさらに増やし、計約1500ヘクタールで試験栽培を行っている。新型コロナウイルスの影響で現地指導ができない状況だが、現地から送られてくる動画や写真を通して指導している。同社の寺澤秀和取締役紙筒事業部長は「北海道より低温のため移植のメリットは大きい。互いに協力して現地での栽培技術を構築したい」と話す。

 ペーパーポットは同社が60年前に開発。清水紙筒工場(清水町)で製造している。野菜用を中心に米国などに輸出も行うが、紙筒事業全体に占める割合はわずか。国内需要の先細りが予想される中、同社は海外販路拡大を目指しており、4月には部内に海外事業課を新設している。

関連記事

苫小牧 三星 カナダ産ハスカップ初輸入 道産品年々減少安定供給へ

苫小牧市糸井のパン菓子製造・三星は、良質なハスカップを安定して確保しようと、カナダ産を初めて輸入した。果実不足で販売を休止した商品の復刻や、新商品の開発に活用する方針で、「よいとまけ」などの看板商...

荘内日報社

200人力合わせ飛島をきれいに

 本県唯一の離島・飛島の自然豊かな環境を守ることを目的とした清掃活動「飛島クリーンアップ作戦」が25日、島内の荒崎海岸一帯で行われ、酒田市内外から参加したボランティア有志や島民計約200人が散乱した漂着...

クマ用スプレー貸し出します 高額、飛行機持ち込み不可…不便多く 帯広

 大雪山系の豊かな自然と十勝に魅せられた東京都の会社員白岩慎隆(のりたか)さん(51)が、登山者向けにクマ撃退スプレーのレンタル事業を始める。スプレーの飛行機持ち込みに制限があることなど自身の感じ...

宇部日報社

住吉まつりに3万人 47団体が踊りや太鼓で盛り上げ【山陽小野田】

 第13回「復活!住吉まつり」は26日、山陽小野田市東住吉町の住吉神社をメイン会場に開かれた。青天の下、恒例のパレードやステージイベントに加えて周辺施設でも多彩なイベントが行われ、約3万人(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク