全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

市の呼び掛けに「かっぱ」提供続々

仕分けされる大量の善意のかっぱ(保健センターで)

 宇部市が、医療物資不足の医療機関を支援するために、市民に呼び掛けたかっぱの提供。12日までの2週間で、2100着の善意が寄せられた。今月いっぱい受け付ける。    市内の救急指定病院の中には、患者ごとに取り替える医療用ガウンが足りず、きれいなごみ袋や雨がっぱを代用。市では、市民が安心して医療を受けられ、さらに医療従事者の命を守るために4月27日から市役所や保健センター、各ふれあいセンター、厚南市民センターに回収ボックスを設置し、協力を求めている。    初めの2日間で842着、その後もコンスタントに寄せられた。この期間に各施設が開館したのは8日間で、1日平均で換算すると約260着に上る。保健センターには、回収したかっぱがすべて集められ、職員たちは連日、上下セット、コート、ポンチョなどタイプに分けて選別し、段ボールに詰める作業に追われている。    企業から同センターに直接届いた150着を最多に、個人から大量に寄贈されることも。「見えないウイルスと闘う医療従事者に感謝します」「お役に立てますように」「体に気を付けて頑張ってください」と、かっぱに手紙や一言メッセージを添える人もおり、担当者は「眠っていた物ではなく、わざわざ新品を探して購入してくれているのだと思う。温かい気持ちに感謝したい」と頭を下げる。    かっぱは、新品または未使用品であること。無地で色は問わない。サイズはMからLLまで。各施設の開館時間中に受け付けている。希望に応じて、市内すべての7救急指定病院に届けていく。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク