全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

楓夏さんの入学を歓迎 平久保小で一人の新1年生

 在校児童3人の平久保小学校(宮里満男校長)で12日午前、入学式が行われ、児童や教職員が新1年生の朝倉楓夏(ふうか)さん(6)の入学を歓迎した。ラベンダー色のランドセルを背負った楓夏さんは、緊張した様子でクラス担任の教諭と手をつなぎ会場入りし、花のアーチをくぐって新生活がスタート。「国語の勉強を頑張りたい」と意気込んだ。

 入学式は例年、地域住民も参加して新1年生の誕生を祝うが、ことしは新型コロナウイルスの感染防止のため、式は児童や教職ら関係者のみに縮小した。

 宮里校長は式辞で、千葉県に住む楓夏さんの祖父母から贈られたランドセルについて触れ「あなたを愛してくれる皆さんの気持ちが形になったランドセルを6年生まで使ってください」と激励。PTA代表の友利和孝さんは「楓夏さんが最高の小学校生活を過ごせるよう、いつも見守っています」と歓迎した。

 入学式には両親の隆介さん(38)、美枝さん(36)も参加した。楓夏さんは入学式に向けて自宅でランドセルを背負い、勉強用の鉛筆も削ったがその後、入学式の延期が決定。入学モードの気持ちが抜けた時期もあったという。

 隆介さんは「(娘は)勉強が好きで、足し算、引き算も勉強してきた。自然の中で伸び伸び育ってほしい」と成長に期待した。

関連記事

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク