全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「アマビエ」の革製品販売 原村の西脇さん親子制作

疫病を退散させるとされる「アマビエ」のワッペンを付けた革製品を開発した西脇広介さん

 原村原山で革製品を制作・販売している職人の西脇純一さん(68)と広介さん(43)の親子は、疫病を退散させる力があるとされる妖怪「アマビエ」のワッペンを付けた小物の販売を始めた。ネットで購入した人から感謝の声がたくさん寄せられ、「皆さんの安心につながるならばうれしい。心を込めて作りたい」と話している。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響でイベントなどが全て中止になり、革製品の需要も落ち込んでいた。広介さんは「何かしなくては」と模索していたところ、4月半ばにテレビ番組でアマビエを知り、商品化を思い立ったという。

 インターネットなどでアマビエの特徴を調べ、くちばしやうろこ、3本のひれなどを持つ半人半魚の原図を完成。色合いは1点1点変えている。キーホルダー(1600円~)や巾着袋(2000円前後)、カードケース(同)をクラフト販売サイトに出店したところ「娘が医療従事者なので持たせたかった」「これを持っていると安心する」など反響があったという。

 手作りのため、制作に時間がかかる。問い合わせは西脇工芸社(電話0266・75・3995)へ。

関連記事

北羽新報社

世界遺産「白神山地」 入山の規制緩和求め要望書

 東北地方で自然保護活動に取り組む市民団体「白神逍遥(しょうよう)の会」などは29日、世界自然遺産・白神山地の核心地域(本県側)の入山規制の見直しを求める提案書を林野庁東北森林管理局(秋田市)と県...

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日...

紀伊民報社

仏手柑収穫シーズン

 和歌山県田辺市内で、正月飾りや生け花などに使われる希少なかんきつ類、仏手柑(ぶっしゅかん)の収穫が始まった。  インド原産。形が仏の手のように見えることから、この名前が付いたといわれる。果肉は...

荘内日報社

出羽三山神社「松例祭」に備え 掛け声合わせ「厄綱」の綱打ち作業 コロナ収束..

 出羽三山神社の松例祭で使われる「厄綱」の綱打ち作業が28日、鶴岡市羽黒町荒川の農業・加藤忠志さん(74)方で行われた。地区の男性が「追い廻し」と呼ばれる太い綱を仕上げ同神社に奉納した。  例...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク