全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「アマビエ」の革製品販売 原村の西脇さん親子制作

疫病を退散させるとされる「アマビエ」のワッペンを付けた革製品を開発した西脇広介さん

 原村原山で革製品を制作・販売している職人の西脇純一さん(68)と広介さん(43)の親子は、疫病を退散させる力があるとされる妖怪「アマビエ」のワッペンを付けた小物の販売を始めた。ネットで購入した人から感謝の声がたくさん寄せられ、「皆さんの安心につながるならばうれしい。心を込めて作りたい」と話している。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響でイベントなどが全て中止になり、革製品の需要も落ち込んでいた。広介さんは「何かしなくては」と模索していたところ、4月半ばにテレビ番組でアマビエを知り、商品化を思い立ったという。

 インターネットなどでアマビエの特徴を調べ、くちばしやうろこ、3本のひれなどを持つ半人半魚の原図を完成。色合いは1点1点変えている。キーホルダー(1600円~)や巾着袋(2000円前後)、カードケース(同)をクラフト販売サイトに出店したところ「娘が医療従事者なので持たせたかった」「これを持っていると安心する」など反響があったという。

 手作りのため、制作に時間がかかる。問い合わせは西脇工芸社(電話0266・75・3995)へ。

関連記事

新調の百足旗頭を奉納 芸能なく寸刻の祈願 真栄里豊年祭

 真栄里公民館(山田惠昌館長)は7日夕、安居(あんぐん)御嶽で、豊年祭のオンプールを行った。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から芸能なし。31年ぶりとなる百足(ンガザー)旗頭の奉納など、神事...

釧路新聞社

「三元交配」の乳牛誕生【中標津】

   町養老牛の中澤牧場で、乳用牛のホルスタイン種にフランスから輸入したモンベリアード種を掛け交わせた子牛が誕生した。病気に強く飼いやすい牛を作り続ける「クロスブリーディング」という手法で、計根別...

長野日報社

コロナ禍の撮影支援を JFCが総会シンポ

フィルムコミッション(FC)に取り組む全国の自治体や観光協会などで組織するジャパン・フィルムコミッション(JFC)は7日、諏訪市の旧東洋バルヴ諏訪工場跡地でJFC総会シンポジウムを開いた。自治...

荘内日報社

甲子園交流試合 鶴東ナイン決意新た

 甲子園高校野球交流試合に出場する鶴岡東高の壮行式が6日、同校体育館で行われた。昨夏に続く“2年連続”の甲子園出場だが、コロナ禍のために今年は16日の日本航空石川戦に勝っても負けても1試合限りとなった。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク