全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「アマビエ」の革製品販売 原村の西脇さん親子制作

疫病を退散させるとされる「アマビエ」のワッペンを付けた革製品を開発した西脇広介さん

 原村原山で革製品を制作・販売している職人の西脇純一さん(68)と広介さん(43)の親子は、疫病を退散させる力があるとされる妖怪「アマビエ」のワッペンを付けた小物の販売を始めた。ネットで購入した人から感謝の声がたくさん寄せられ、「皆さんの安心につながるならばうれしい。心を込めて作りたい」と話している。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響でイベントなどが全て中止になり、革製品の需要も落ち込んでいた。広介さんは「何かしなくては」と模索していたところ、4月半ばにテレビ番組でアマビエを知り、商品化を思い立ったという。

 インターネットなどでアマビエの特徴を調べ、くちばしやうろこ、3本のひれなどを持つ半人半魚の原図を完成。色合いは1点1点変えている。キーホルダー(1600円~)や巾着袋(2000円前後)、カードケース(同)をクラフト販売サイトに出店したところ「娘が医療従事者なので持たせたかった」「これを持っていると安心する」など反響があったという。

 手作りのため、制作に時間がかかる。問い合わせは西脇工芸社(電話0266・75・3995)へ。

関連記事

釧路新聞社

阿寒湖のマリモ 25年度以降保全対策を試行【釧路市】

 国の特別天然記念物「阿寒湖のマリモ」の保護と普及啓発、湖の環境保全や適正利用に取り組む官民団体「阿寒湖のマリモ保全推進委員会」(小林道之会長)は21日、釧路市の阿寒湖まりむ館で2024年度総会を...

釧路新聞社

タンチョウのひな2年ぶり誕生 動物園ですくすく【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は21日、タンチョウのひな1羽が生まれたと発表した。同園での繁殖は2022年以来2年ぶり。  父親のコウ(13年か14年生まれ)と母親のアミ(16年生まれ)が4月9...

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク