全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

桜の塩漬け真心込めて 来年の高遠城址さくら祭りへ高遠中生準備

桜の塩漬けに取り組む高遠中学校の生徒たち

 伊那市高遠中学校の生徒たちが、来年の高遠城址さくら祭りに訪れる人たちを自作の桜茶で迎えようと、桜の塩漬けを始めた。2年生が主体となって行う新たな取り組みで、伝統の観桜期ボランティアの準備が早くも動き出した。

 同校は例年、さくら祭り期間中の土日に校庭や校内トイレを開放し、併せてボランティア活動を行っている。生徒たちが中心となって観桜客を迎えるのが伝統で、PTAや教職員らの協力を得ながら行う桜茶の接待や地元名物の販売、案内が訪れる人たちに喜ばれている。

 接待用の桜茶はこれまで購入品を使っていたが、2年生が総合的な学習の時間を活用して材料の桜の塩漬けに挑戦する。

 近くにあるポレポレの丘で八重桜を摘んだ生徒たちは、会員制・参加型の農業団体「LURA(ルーラ)の会」の加工班のメンバーから作り方を教わり、漬け込みを進めている。8日の作業は希望者23人が登校して行い、白梅酢に漬けてあった花を塩漬けしていった。摘んだときに淡いピンク色だった花が色を増していくことに気付いたという女子生徒は「普段できないことが体験できた。おいしくなってほしい」と話した。

 同校によると、活動はキャリア学習の一環で、観桜期ボランティアを自分たちの力で盛り上げていくにはどうすべきかを考え、形にしていく。今後は塩漬けの桜茶以外の活用方法も検討していくという。

関連記事

戦跡や慰霊碑巡る 学習成果発表向け 八商工観光コース

 八重山商工商業科観光コース2年生14人が17日、慰霊の日特設授業や観光コースづくりにつなげることを目的に㈲南ぬ島交通企画の「平和学習ツアー」に参加し、戦跡や慰霊碑を巡った。6月23日の「慰霊の日」に...

長野日報社

御柱祭下社里曵き 安全な曳行へ氏子協力 夜間にずれ込み日程課題 長野県

 諏訪大社御柱祭下社里曳きは14~16日に長野県下諏訪町で行われ、春宮、秋宮の社殿の四隅に計8本の御柱を無事に曳き建てた。初日午前に小雨が降ったが期間を通じて天候に恵まれ、新型コロナウイルスの感染...

紀伊民報社

パンダの竹でイカの産卵床 食べ残し使い30基

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は17日、ジャイアントパンダが食べ残した竹の枝葉を使ってアオリイカの産卵床を作った。町内の海底に沈めて産卵状況を観察し、効果があれば継続し...

荘内日報社

天神祭のごっつぉ「化け弁」楽しんで 鶴岡4事業所予約受け付け プレゼント・..

 伝統の祭りの雰囲気を家庭で楽しんでもらおうと、鶴岡商工会議所は今年も鶴岡市の天神祭(25日)に合わせた弁当「化け弁」の販売を企画した。地元食材を使った「祭りごっつぉ」を楽しんでもらう企画で、新たに...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク