全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

母の愛 たっぷり 帯広

 おびひろ動物園(帯広市緑ケ丘2)、ばんえい牧場十勝(同市泉町西9線)で今春、動物の赤ちゃんが相次いで誕生した。母親と飼育スタッフがたっぷりと愛情を注ぎ、すくすくとした成長を支えている。あす10日は「母の日」-。

◆寄り添って

母親のモモに見守られ、元気に育つゴマフアザラシの赤ちゃん(手前、4月21日、おびひろ動物園)

 ゴマフアザラシの赤ちゃんは4月19日、おびひろ動物園で生まれた。母親の「モモ」(推定27歳)が常に寄り添い、授乳したり、展示飼育係が近づくと赤ちゃんを守ろうとしたりするなど、育児に奮闘中だ。

 現在は泳ぎも習得。水かさを少しずつ増やして練習し、前足の使い方も徐々に上達した。担当展示飼育係の藤澤美緒さんは「園のツイッターやブログで成長を発信しているので、見守ってほしい」と話す。

◆ここが落ち着く

おなかの袋から顔を出す赤ちゃんカンガルー(4月21日、おびひろ動物園)

 おびひろ動物園のカンガルー舎では2、4月に2頭の赤ちゃんが生まれた。母親は「ルー」と「ペッパー」。赤ちゃんの名前はまだ決まっておらず、今後、公募によって決める予定だ。赤ちゃんはそれぞれの母親のおなかのポケットの中。足や顔などを出す様子も見られた。

 担当展示飼育係の松尾太郎さんは「病気やけがなどをせずに元気に育ってほしい。赤ちゃんの様子は動物園の公式ツイッターなどで更新していく予定」と話す。

◆いつも一緒

母親に寄り添われて草を食べる子馬(4月23日、ばんえい牧場十勝)

 ばんえい牧場十勝では4月21日までに14頭の子馬が生まれた。3月27日に誕生した「ルフィ」は人懐こく、お尻をなでると近づいてくる。母親が常に行動を共にし、ご飯も母親のお乳が大半。母親の食べ方をまねしながら、徐々に牧草も食べるようになるという。

 半年で乳離れをし、同い年の馬と共に過ごさなくてはならない。1歳になると、そりを引く練習がスタート。2歳でテストを受け、合格すると晴れて競走馬としてデビューする。厩務(きゅうむ)員の寄木由紀さんは「立派な競走馬になってほしい」と期待する。

関連記事

徳之島で富山丸戦没者慰霊 平和の尊さかみしめ冥福祈る

 太平洋戦争中の1944年6月、鹿児島県徳之島沖で米軍潜水艦に撃沈された輸送船「富山丸」の戦没者への献花が28日、徳之島町亀徳の「なごみの岬公園」であった。新型コロナウイルスの影響を受け3年連続...

壁の穴からひょっこり アマミイシカワガエル 奄美市のゴルフ練習場

 「日本一美しいカエル」とも言われる鹿児島県奄美大島固有の絶滅危惧種、アマミイシカワガエルが、奄美市名瀬のゴルフ場「奄美カントリークラブ」に姿を現わすようになり、話題を呼んでいる。撮影した常連客...

長野日報社

横浜の中学生ザザムシ漁 長野県伊那市で体験

 昆虫食文化をテーマに学習する公文国際学園中等部(横浜市)の3年生26人が28日、長野県伊那市を訪れ、伊那谷の伝統漁法ザザムシ漁を体験した。地元の天竜川漁業協同組合が全面的に協力。天竜川に立ち入っ...

長野日報社

入笠エリアで健康増進 来月15日ウオーキング大会 長野県富士見町

 長野県富士見町は10月15日、入笠エリアを舞台にした健康増進イベント「ウオーキング大会inパノラマリゾート」を初めて開く。健康・体力づくり事業財団の支援事業に採択され、諏訪地方6市町村在住者を対...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク