全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

母の愛 たっぷり 帯広

 おびひろ動物園(帯広市緑ケ丘2)、ばんえい牧場十勝(同市泉町西9線)で今春、動物の赤ちゃんが相次いで誕生した。母親と飼育スタッフがたっぷりと愛情を注ぎ、すくすくとした成長を支えている。あす10日は「母の日」-。

◆寄り添って

母親のモモに見守られ、元気に育つゴマフアザラシの赤ちゃん(手前、4月21日、おびひろ動物園)

 ゴマフアザラシの赤ちゃんは4月19日、おびひろ動物園で生まれた。母親の「モモ」(推定27歳)が常に寄り添い、授乳したり、展示飼育係が近づくと赤ちゃんを守ろうとしたりするなど、育児に奮闘中だ。

 現在は泳ぎも習得。水かさを少しずつ増やして練習し、前足の使い方も徐々に上達した。担当展示飼育係の藤澤美緒さんは「園のツイッターやブログで成長を発信しているので、見守ってほしい」と話す。

◆ここが落ち着く

おなかの袋から顔を出す赤ちゃんカンガルー(4月21日、おびひろ動物園)

 おびひろ動物園のカンガルー舎では2、4月に2頭の赤ちゃんが生まれた。母親は「ルー」と「ペッパー」。赤ちゃんの名前はまだ決まっておらず、今後、公募によって決める予定だ。赤ちゃんはそれぞれの母親のおなかのポケットの中。足や顔などを出す様子も見られた。

 担当展示飼育係の松尾太郎さんは「病気やけがなどをせずに元気に育ってほしい。赤ちゃんの様子は動物園の公式ツイッターなどで更新していく予定」と話す。

◆いつも一緒

母親に寄り添われて草を食べる子馬(4月23日、ばんえい牧場十勝)

 ばんえい牧場十勝では4月21日までに14頭の子馬が生まれた。3月27日に誕生した「ルフィ」は人懐こく、お尻をなでると近づいてくる。母親が常に行動を共にし、ご飯も母親のお乳が大半。母親の食べ方をまねしながら、徐々に牧草も食べるようになるという。

 半年で乳離れをし、同い年の馬と共に過ごさなくてはならない。1歳になると、そりを引く練習がスタート。2歳でテストを受け、合格すると晴れて競走馬としてデビューする。厩務(きゅうむ)員の寄木由紀さんは「立派な競走馬になってほしい」と期待する。

関連記事

長野日報社

「星ケ塔遺跡」今年も人気 今季初の日帰りツアー 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町観光振興局は22日、同町郊外にある国史跡「星ケ塔黒曜石原産地遺跡(星ケ塔遺跡)」を訪ねる日帰りツアーの今季初回を開いた。全国各地から定員いっぱいの15人が参加。一行は標高約1500...

然別湖上の景色 遊覧船で 安全確認入念に 今季の運航開始

 今季の然別湖の遊覧船運航が21日、始まった。10月末まで毎日運航され、普段はなかなか見ることができない湖上からの風景を楽しめる。  遊覧船は、然別湖畔温泉ホテル風水が1963年から運航。来...

大島紬がフェラーリ内装に ニューヨークで機織り実演も

 イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」が、本場奄美大島紬を織り込んだ生地を運転席の内装に使用した特別仕様車を製造し、話題を呼んでいる。大島紬織元のはじめ商事(鹿児島県奄美市名瀬、元允謙社長)が...

長野日報社

「すずらん祭り」開幕 長野県富士見町の富士見パノラマリゾート

 長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで21日、スズランの開花期に合わせた「120万本のすずらん祭り」が開幕した。6月19日までの期間中はゴンドラ往復券の購入者に山野草の苗をプレゼント。町花スズ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク