全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

母の愛 たっぷり 帯広

 おびひろ動物園(帯広市緑ケ丘2)、ばんえい牧場十勝(同市泉町西9線)で今春、動物の赤ちゃんが相次いで誕生した。母親と飼育スタッフがたっぷりと愛情を注ぎ、すくすくとした成長を支えている。あす10日は「母の日」-。

◆寄り添って

母親のモモに見守られ、元気に育つゴマフアザラシの赤ちゃん(手前、4月21日、おびひろ動物園)

 ゴマフアザラシの赤ちゃんは4月19日、おびひろ動物園で生まれた。母親の「モモ」(推定27歳)が常に寄り添い、授乳したり、展示飼育係が近づくと赤ちゃんを守ろうとしたりするなど、育児に奮闘中だ。

 現在は泳ぎも習得。水かさを少しずつ増やして練習し、前足の使い方も徐々に上達した。担当展示飼育係の藤澤美緒さんは「園のツイッターやブログで成長を発信しているので、見守ってほしい」と話す。

◆ここが落ち着く

おなかの袋から顔を出す赤ちゃんカンガルー(4月21日、おびひろ動物園)

 おびひろ動物園のカンガルー舎では2、4月に2頭の赤ちゃんが生まれた。母親は「ルー」と「ペッパー」。赤ちゃんの名前はまだ決まっておらず、今後、公募によって決める予定だ。赤ちゃんはそれぞれの母親のおなかのポケットの中。足や顔などを出す様子も見られた。

 担当展示飼育係の松尾太郎さんは「病気やけがなどをせずに元気に育ってほしい。赤ちゃんの様子は動物園の公式ツイッターなどで更新していく予定」と話す。

◆いつも一緒

母親に寄り添われて草を食べる子馬(4月23日、ばんえい牧場十勝)

 ばんえい牧場十勝では4月21日までに14頭の子馬が生まれた。3月27日に誕生した「ルフィ」は人懐こく、お尻をなでると近づいてくる。母親が常に行動を共にし、ご飯も母親のお乳が大半。母親の食べ方をまねしながら、徐々に牧草も食べるようになるという。

 半年で乳離れをし、同い年の馬と共に過ごさなくてはならない。1歳になると、そりを引く練習がスタート。2歳でテストを受け、合格すると晴れて競走馬としてデビューする。厩務(きゅうむ)員の寄木由紀さんは「立派な競走馬になってほしい」と期待する。

関連記事

「あんまぁ~ず」が総理大臣表彰  与論町 出産・子育て応援に尽力

 鹿児島県与論町(奄美大島)のNPO法人「よろん出産子育て応援隊あんまぁ~ず」はこのほど、子育て支援の活動で顕著な功績があったとして、内閣府の「2021年度子供と家族・若者応援団表彰」の子育て・...

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

長野日報社

装丁家荒川じんぺいさん 富士見町内などで移動式コーヒー店

富士見町信濃境の装丁家でエッセイストの荒川じんぺいさん(75)が、移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」を町内などで開店している。軽トラックを改造した店舗に、自らデザインした八ケ岳とコーヒーポット...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク