全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

セロリ「作柄は上々」今年の出荷始まる JA信州諏訪

今年初のセロリの収穫作業に励む矢嶋さん(左)ら。今年の作柄は上々という=茅野市玉川

 JA信州諏訪管内で生産が盛んなセロリの今年の出荷が8日始まった。初日は生産者の矢嶋敦郎さん(68)=茅野市玉川=がハウス栽培のセロリ120箱(1箱10キロ)分を同市玉川の玉宮集荷所に運び込んだ。矢嶋さんによると、「作柄は上々」という。

 今年で48年目のシーズンを迎える矢嶋さん。出荷初日は玉川の栽培ハウスで、家族ら5人で午前3時ごろから作業を始めた。セロリを作るようになり、「毎年最初の収穫はやっぱり特別な思いだね。作柄がどんなあんばいか。楽しみでもあるし、不安でもある」と話しつつも、箱詰めする表情はにこやかだった。

 今年は3月3日に苗を植え始めた。春先が暖かかったこともあって順調に生育した。茎は太めで繊維は柔らかく、爽やかな香りが口の中に広がる上々の仕上がり。今季のセロリは新型コロナウイルスの影響で飲食店での需要は停滞気味だが、家庭での消費が伸び、スーパーマーケットなどでは売れ行きがいいという。矢嶋さんは「おいしいセロリを多くの人に食べてもらい、元気になってほしい。そんな思いと一緒に箱に詰めて消費者に届けたい」と話していた。

 諏訪地方はセロリの生産量全国1位を誇り、夏場は国内流通量の約9割を占める。管内の生産者は55戸。今年は全体で79万5000箱(1箱10キロ換算)を出荷し、20億円の売り上げを目指す。7月ごろからは露地栽培のセロリの出荷が始まる見通し。今後、諏訪地方のJA直売所などでも諏訪産が並び始める。

関連記事

荘内日報社

公益大の魅力紹介 HP特設 ウェブオープンキャンパス

 酒田市の東北公益文科大学(神田直弥学長)は、大学ホームページ(HP)に特設ページ「Webオープンキャンパス」をオープンした。新型コロナウイルス感染症の影響で対面型での実施が困難なことを受けての開...

紀伊民報社

過去10年で最高値 南高梅の市場初売り

 和歌山県のJA紀州が出荷した南高梅の今季初の市場販売が28日にあった。同JAによると、3L秀品(10キロ)が8100円で、過去10年でも最高値という。今年は不作傾向で引き合いが強いことが要因に...

安平の吉田牧場、競走馬の生産終了 テンポイントなど名馬を輩出

 1977年に春の天皇賞と有馬記念を制したテンポイントなど数多くの名馬を輩出した安平町の「吉田牧場」(早来富岡)が、競走馬の生産を終了することを明らかにした。代表を務め、元騎手でもある吉田晴雄さ...

快適クールビズ 暑さ自粛解除? 帯広

 クールビズが行われている官公庁では、夏日となった29日、職員は軽装で業務に当たった。  道が定めるクールビズの実施期間は25日から10月2日まで。ノーネクタイ、ノージャケットのほか、ポロシ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク