全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

セロリ「作柄は上々」今年の出荷始まる JA信州諏訪

今年初のセロリの収穫作業に励む矢嶋さん(左)ら。今年の作柄は上々という=茅野市玉川

 JA信州諏訪管内で生産が盛んなセロリの今年の出荷が8日始まった。初日は生産者の矢嶋敦郎さん(68)=茅野市玉川=がハウス栽培のセロリ120箱(1箱10キロ)分を同市玉川の玉宮集荷所に運び込んだ。矢嶋さんによると、「作柄は上々」という。

 今年で48年目のシーズンを迎える矢嶋さん。出荷初日は玉川の栽培ハウスで、家族ら5人で午前3時ごろから作業を始めた。セロリを作るようになり、「毎年最初の収穫はやっぱり特別な思いだね。作柄がどんなあんばいか。楽しみでもあるし、不安でもある」と話しつつも、箱詰めする表情はにこやかだった。

 今年は3月3日に苗を植え始めた。春先が暖かかったこともあって順調に生育した。茎は太めで繊維は柔らかく、爽やかな香りが口の中に広がる上々の仕上がり。今季のセロリは新型コロナウイルスの影響で飲食店での需要は停滞気味だが、家庭での消費が伸び、スーパーマーケットなどでは売れ行きがいいという。矢嶋さんは「おいしいセロリを多くの人に食べてもらい、元気になってほしい。そんな思いと一緒に箱に詰めて消費者に届けたい」と話していた。

 諏訪地方はセロリの生産量全国1位を誇り、夏場は国内流通量の約9割を占める。管内の生産者は55戸。今年は全体で79万5000箱(1箱10キロ換算)を出荷し、20億円の売り上げを目指す。7月ごろからは露地栽培のセロリの出荷が始まる見通し。今後、諏訪地方のJA直売所などでも諏訪産が並び始める。

関連記事

紀伊民報社

「子ども食堂に協力を」  持続的運営へ支援団体を新設

 子どもの居場所や多世代交流の拠点となる「子ども食堂」を支援しようと、任意団体「県こども食堂応援ネットワーク」(事務局=和歌山県社会福祉協議会)が設立された。子ども食堂を持続的に運営していけるよ...

「ほべつメロン」最高値15万円 市公設地方卸売市場で初競り

むかわ町穂別地区の特産品で地域ブランド「ほべつメロン」の初競りが13日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は、最上級品質「秀」の5玉が前年同額の15万円。この日から苫小牧市内のス...

素材にこだわり カフェ開店 高校生の自習場所にも 池田に複合店舗

 池田町大通6で学習塾や書店、駄菓子店などを経営する「さくらネットワークス合同会社」(片山喜博代表)は、店舗内でカフェ「SORA(そら)」の営業を始めた。素材にこだわったクレープやおにぎり、各種ド...

荘内日報社

バランス取れた食事の大切さ アランマーレ選手ら遊佐小で食育教室

 バレーボールのトップリーグ「大同生命SVリーグ」に所属する「プレステージ・インターナショナル・アランマーレ」(アランマーレ山形)の選手たちが12日、遊佐町の遊佐小学校(梶原勝校長、児童452人)を訪問...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク