全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

セロリ「作柄は上々」今年の出荷始まる JA信州諏訪

今年初のセロリの収穫作業に励む矢嶋さん(左)ら。今年の作柄は上々という=茅野市玉川

 JA信州諏訪管内で生産が盛んなセロリの今年の出荷が8日始まった。初日は生産者の矢嶋敦郎さん(68)=茅野市玉川=がハウス栽培のセロリ120箱(1箱10キロ)分を同市玉川の玉宮集荷所に運び込んだ。矢嶋さんによると、「作柄は上々」という。

 今年で48年目のシーズンを迎える矢嶋さん。出荷初日は玉川の栽培ハウスで、家族ら5人で午前3時ごろから作業を始めた。セロリを作るようになり、「毎年最初の収穫はやっぱり特別な思いだね。作柄がどんなあんばいか。楽しみでもあるし、不安でもある」と話しつつも、箱詰めする表情はにこやかだった。

 今年は3月3日に苗を植え始めた。春先が暖かかったこともあって順調に生育した。茎は太めで繊維は柔らかく、爽やかな香りが口の中に広がる上々の仕上がり。今季のセロリは新型コロナウイルスの影響で飲食店での需要は停滞気味だが、家庭での消費が伸び、スーパーマーケットなどでは売れ行きがいいという。矢嶋さんは「おいしいセロリを多くの人に食べてもらい、元気になってほしい。そんな思いと一緒に箱に詰めて消費者に届けたい」と話していた。

 諏訪地方はセロリの生産量全国1位を誇り、夏場は国内流通量の約9割を占める。管内の生産者は55戸。今年は全体で79万5000箱(1箱10キロ換算)を出荷し、20億円の売り上げを目指す。7月ごろからは露地栽培のセロリの出荷が始まる見通し。今後、諏訪地方のJA直売所などでも諏訪産が並び始める。

関連記事

「あんまぁ~ず」が総理大臣表彰  与論町 出産・子育て応援に尽力

 鹿児島県与論町(奄美大島)のNPO法人「よろん出産子育て応援隊あんまぁ~ず」はこのほど、子育て支援の活動で顕著な功績があったとして、内閣府の「2021年度子供と家族・若者応援団表彰」の子育て・...

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

長野日報社

装丁家荒川じんぺいさん 富士見町内などで移動式コーヒー店

富士見町信濃境の装丁家でエッセイストの荒川じんぺいさん(75)が、移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」を町内などで開店している。軽トラックを改造した店舗に、自らデザインした八ケ岳とコーヒーポット...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク