全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ゴーヤーの日「例年より出来いい」 生産農家が収穫作業

「例年より出来がいい」と収穫に精を出す大泊良克さん=7日午前、白保の大泊さんのビニールハウス

 5月8日の「ゴーヤーの日」を前に、石垣市内ではゴーヤの収穫がピークを迎え、生産農家が収穫作業に追われている。

 「ゴーヤーの日」はゴーヤを広く知ってもらい、多くの人に消費してもらおうと1997年に県とJAおきなわが5と8の語呂合わせで制定した。

 石垣市白保でゴーヤをハウス栽培する大泊良克さん(64)はゴーヤーの日を前にした7日、ハウス内で収穫作業を行い、青々と実ったゴーヤを丁寧に収穫。「ことしは天候も安定していて、こまめに手入れできた。例年より出来がいい」と笑顔をみせた。

 JAおきなわ八重山地区ゴーヤ生産部会(会員数34人)の会長を務める大泊さんはゴーヤーの日について「日頃から皆さんに消費してもらっているので感謝を伝える日にしたい。ゴーヤは昔から夏バテ予防に効果があるといわれる。子どもの頃から食べて好きになってほしい」と期待した。  収穫したゴーヤは市内磯辺のJA集出荷場で品質ごとに仕分けし、3㌔ごとに箱詰めされて東京の豊洲市場に出荷される。2020年度は総収穫量50㌧、このうち本土市場に46㌧の出荷を計画している。

 JAおきなわ八重山地区営農振興センター指導課によると市場価格は新型コロナウイルスの影響で3㌔詰めで1800円台と例年より若干低いものの、まずまずだという。

 営農指導員の大濵靖宜さんは「ことしは害虫の食害もかなり抑えられ、収穫は順調にきている。コロナウイルス対策で大変だが、栄養価の高いゴーヤを食べて元気を出してもらいたい」と地元消費をPRした。

関連記事

紀伊民報社

みこし担いで海へ 熊野神社の潮掛け神事

 地元で「お熊野さん」として親しまれている和歌山県白浜町才野の熊野神社で13、14日、例大祭が営まれた。コロナ禍の影響で規模を縮小していたため、通常通り営むのは5年ぶり。地域をみこしが練り歩き、...

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク