全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ゴーヤーの日「例年より出来いい」 生産農家が収穫作業

「例年より出来がいい」と収穫に精を出す大泊良克さん=7日午前、白保の大泊さんのビニールハウス

 5月8日の「ゴーヤーの日」を前に、石垣市内ではゴーヤの収穫がピークを迎え、生産農家が収穫作業に追われている。

 「ゴーヤーの日」はゴーヤを広く知ってもらい、多くの人に消費してもらおうと1997年に県とJAおきなわが5と8の語呂合わせで制定した。

 石垣市白保でゴーヤをハウス栽培する大泊良克さん(64)はゴーヤーの日を前にした7日、ハウス内で収穫作業を行い、青々と実ったゴーヤを丁寧に収穫。「ことしは天候も安定していて、こまめに手入れできた。例年より出来がいい」と笑顔をみせた。

 JAおきなわ八重山地区ゴーヤ生産部会(会員数34人)の会長を務める大泊さんはゴーヤーの日について「日頃から皆さんに消費してもらっているので感謝を伝える日にしたい。ゴーヤは昔から夏バテ予防に効果があるといわれる。子どもの頃から食べて好きになってほしい」と期待した。  収穫したゴーヤは市内磯辺のJA集出荷場で品質ごとに仕分けし、3㌔ごとに箱詰めされて東京の豊洲市場に出荷される。2020年度は総収穫量50㌧、このうち本土市場に46㌧の出荷を計画している。

 JAおきなわ八重山地区営農振興センター指導課によると市場価格は新型コロナウイルスの影響で3㌔詰めで1800円台と例年より若干低いものの、まずまずだという。

 営農指導員の大濵靖宜さんは「ことしは害虫の食害もかなり抑えられ、収穫は順調にきている。コロナウイルス対策で大変だが、栄養価の高いゴーヤを食べて元気を出してもらいたい」と地元消費をPRした。

関連記事

荘内日報社

日本酒「寒造り」最盛期に入る 庄内の各酒蔵

 庄内の各酒蔵で、日本酒の「寒造り」が最盛期に入った。  寒造り(寒仕込み)は、余計な雑菌の繁殖が抑えられる冬場に行われる。もろみをゆっくり発酵させることで良質な酒に仕上がる。かつて酒は「...

紀伊民報社

イチゴ狩りキャンセル相次ぐ コロナ拡大、体験観光に影響

 新型コロナウイルスの感染拡大が、南部梅林(和歌山県みなべ町)の開園中止など御坊・日高の観光に影響を及ぼしている。観光農園などの体験型観光でもキャンセルが相次ぎ、関係者は落胆の表情を浮かべている...

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大..

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに...

先週コロナ急拡大 十勝192人 帯広153人

 道は24日、先週(16~22日)の市町村別新型コロナウイルス感染者数を公表した。十勝管内は192人で、先々週(9~15日)の43人から急拡大。帯広は153人で昨年8月22~28日以来の100人超...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク