全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

辰野町のふるさと納税返礼品 「うちで過ごそう」シリーズ追加

ふるさと納税返礼品の新シリーズ「うちで過ごそう」をPRする事業者ら

 辰野町は、ふるさと納税の返礼品に「うちで過ごそう」シリーズを追加し、PRを始めた。新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛ムードを受け、在宅時間を充実させる品物を届けようと企画。第1弾として出生祝いの米、肌をいたわる蜜ろうクリーム、天然素材のパンケーキセットの3品を用意した。多彩な品ぞろえで、町の魅力発信と合わせて利用を呼び掛けていく。

 子どもが生まれた際の体重と同じ重さの米を届ける「お祝い米」(瀬戸ライスファーム)は新規登録品。減農薬栽培したコシヒカリ入りの袋に名前や生年月日などを記して、風呂敷に包んで贈る。「里帰りできない親が、遠く離れた祖父母へ贈るのにぴったり」とする。

 同じく新規登録品の「みつろうクリーム」(有賀はちみつ屋)は、養蜂業者が上伊那産の素材でこしらえた無添加クリーム。ラベンダーの香りと無香料の2種に加え、ナッツの蜂蜜漬けとのセットも用意した。「手洗いや消毒で荒れた肌のケアに」と薦める。

 3品目は、既存品のパンケーキ作りセット(月夜野こまもの店)。地元産米粉、蜂蜜、3色の野菜粉に、ランチョンマットと木製フォークなどを付けた。「家族みんなで調理し、SNS映えする写真を撮って」と売り込む。

 納税額6000円から1万5000円までに対応する。町で受け付け後、2週間以内に品物を届ける。今後もテーマに沿う返礼品を絞り込み、追加していく予定だ。

 発案者で、ふるさと納税プロジェクト担当の町地域おこし協力隊員の苫米地花菜さん(26)は「在宅時間に旅行、帰省の気分を味わってもらおうと考えた。返礼品を通じて町のことを知ってもらえれば」と期待を寄せている。

 申し込みは、ポータルサイト「ふるさとチョイス」か申込書を利用。問い合わせは町まちづくり政策課(電話0266・41・1111)へ。

関連記事

紀伊民報社

みこし担いで海へ 熊野神社の潮掛け神事

 地元で「お熊野さん」として親しまれている和歌山県白浜町才野の熊野神社で13、14日、例大祭が営まれた。コロナ禍の影響で規模を縮小していたため、通常通り営むのは5年ぶり。地域をみこしが練り歩き、...

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク