全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

コロナ対策 帯広の町内でも徹底 マスクを全戸配布

競馬場町内会で配られたマスク一式と注意喚起の文書

 競馬場町内会(七海清志会長、会員61戸)は、新型コロナウイルスの感染拡大対策の一環として、会員全戸に使い捨てマスク4枚を配布した。

 同町内会は平均年齢80歳ほど、会員の7割が高齢者。4月中旬に予定していた毎年恒例の河川清掃の中止に始まり、会員に外出自粛なども呼び掛けていた。マスクは同町内会の若手会員らがインターネットで購入した250枚を袋に詰め、町内会班長らの手を通じて1日、各戸に配られた。

 会員の角田千代さん(87)は「どこも品薄で、持っていたものも残りわずか。助かった」と喜んだ。七海会長は「若い人の協力のおかげ。町内の人には、今はとにかく静かにしているよう呼び掛けている」と話し、町内会一丸で感染防止へ-。

関連記事

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大..

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに...

先週コロナ急拡大 十勝192人 帯広153人

 道は24日、先週(16~22日)の市町村別新型コロナウイルス感染者数を公表した。十勝管内は192人で、先々週(9~15日)の43人から急拡大。帯広は153人で昨年8月22~28日以来の100人超...

宇部日報社

全国学校給食週間、小学校で昭和30年代のメニュー

 宇部市内の全公立小・中学校36校は、食べ物の大切さや、給食が多くの人に支えられていることを考えてもらう機会にしようと、24日から28日までの全国学校給食週間に合わせて特別メニューなどを展開して...

みずみずしい純白の花  珍種シロバナヒカンザクラ咲く 奄美市

 鹿児島県奄美市名瀬大熊の県道81号沿いで珍種のシロバナヒカンザクラが開花し、みずみずしい純白の花が通行人の目を和ませている。  満開を迎えているのは県道沿い3カ所の合計5本。辺りでは濃いピン...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク