全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

お土産に「豊橋うずらサブレ」

好評の「豊橋うずらサブレ」を紹介する斎藤社長=豊橋商工会議所で

 全国一の生産量を誇る豊橋市の「うずら卵」を使用した焼き菓子「豊橋うずらサブレ」を、特産品を使った商品を企画、販売する地元のスマイルーリンク(斎藤裕幸社長)が発売した。豊橋産うずら卵を使った洋菓子「豊橋穂の菓」シリーズの第2弾で、土産用として好調な売れ行きという。  焼き菓子に定評のある同市の菓子メーカー斎藤製菓が製造。サブレ専用機械で生地をゆっくりと伸ばし、サクサクした食感を実現させた。生地はひと晩寝かせ、丁寧に作り上げる。  サブレは1枚ずつ小包に入り、黄色を基調にした箱入り(1箱18枚)。価格は900円(税別)に設定した。  土産品として開発するのにあたり、市内の企業に勤める男女から実施した価格帯、内容量、賞味期限などのアンケートに基づきサブレとし、包装デザインにも反映させた。  豊橋駅の売店で販売しており、発売から1カ月ほどが経ったが、約2000箱が売られ、好調な滑り出しという。  卵を提供している生産者の「うずらの里 内田ファーム」の内田貴士社長は「豊橋はうずら卵の産地で、菓子を通じてもっと知ってもらいたい」と願う。斎藤社長も「これをきっかけに消費者の皆さんにウズラのことを知っていだければ」と話した。

関連記事

豊橋の二川舞台に動画制作学ぶ

 「二川を撮る、二川で撮る」をコンセプトに映像制作を学ぶ「二川ショートムービー動画塾」が21日、江戸時代の東海道の面影が残る豊橋市二川町で行われた。「ええじゃないか豊橋映画祭2019」グランプ...

とよかわ冒険スタンプラリー

 豊川市観光協会(日比嘉男会長)は、県主体で誘客を図る愛知デスティネーションアフターキャンペーンに合わせ、昨年に続いて10月1日から12月22日まで「とよかわ冒険スタンプラリー~集まれ!いなりん探...

豊橋のブランド梨「あきづき」食べ頃

 豊橋市小島町産のブランド梨「あきづき」が旬を迎え、JAあぐりパーク食彩村(豊橋市東七根町)の店頭に並んでいる。  秋に収穫され、月のように丸みを帯びている形から「あきづき」と呼ばれ、シャリ...

「なつぞら」天陽君にさよならを 帯広・真鍋庭園に献花台

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」のロケセットを展示する帯広市内の真鍋庭園に4日、劇中で死去した青年画家山田天陽の献花台が設置された。同日午前からなつぞらファンが訪れ、“別れ”を惜しんでいる。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク