全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

白いじゅうたん鳥海山背景に 刈屋梨の花満開

 ブランド和ナシ「刈屋梨」の産地である酒田市刈屋地区で、ナシの花が満開となり、白いじゅうたんのように広がる花が残雪の鳥海山に映えている。

 同地区は日向、荒瀬両河川の合流地点にあり、肥沃な土壌を生かし明治後期からナシが栽培されている。現在は刈屋梨出荷組合(佐藤尚人組合長)の農家約40戸が約45ヘクタールで「幸水」「豊水」などの和ナシを中心に生産している。

 生産者の一人、小松賢さん(66)によると、今年は暖冬でナシの開花が早まり、早生種で例年より10日ほど早く3月下旬ごろに開花。しかし、その後、低温が続き、地区の出荷量の約6割を占める主力の「幸水」は先月20日ごろからと、ほぼ平年並みで開花。家族総出で授粉作業を行い、地区の大半はこの大型連休前半までに作業を終えた。

 小松さんは「開花前に寒の戻りで降ひょうが何度かあり、その影響が心配。4月以降もハチが活発に動く気温15度を下回る日が続き、特に早生種は受粉効率が低いかもしれない。暖冬の年は年間を通じて天気が不安定。やはり降る時に降らないと」とする。また、新型コロナウイルスについては「花を作っている仲間は結構、影響を受けている。うちもお盆向けに作っている。米は自家消費にも回せるが、花やナシはそうもいかない。早く終息し、影響が出ないように願っている」と語った。

残雪の鳥海山に白い花が映える酒田市刈屋地区のナシ畑=5日午前

関連記事

紀伊民報社

熊野本宮大社で合気道演武 植芝道場長の講習も

 和歌山県田辺市本宮町の世界遺産・熊野本宮大社の旧社地「大斎原(おおゆのはら)」で20、21日、「合気道国際奉納演武」があった。  同市出身で合気道の開祖・植芝盛平のひ孫に当たる合気道本部道場...

長野日報社

原村でじっくりボードゲームを 1日1組限定のリゾート

ボードゲームに没頭するリゾート施設「GAW(ガウ)」が、5月1日に原村原山にオープンする。都内の音楽制作会社が手掛ける新事業。アナログゲームマスターのあだちちひろさんが依頼者の思いに沿った最...

帯広信用金庫の防犯講座人気 詐欺事例、寸劇交え

 十勝管内でも特殊詐欺事件が相次ぐ中、帯広信用金庫(高橋常夫理事長)は、被害防止のための出前講座を続けている。具体的手口を寸劇を交えるなどして分かりやすく紹介、社会貢献事業として無料で行ってお...

荘内日報社

外国人観光客とおもてなし交流 酒田港 泉小児童 日本の遊び紹介

 外航クルーズ船「ウエステルダム」(オランダ船籍、8万2862総トン)の酒田港寄港に合わせ22日、酒田市の泉小学校の4年生42人が同港古湊埠頭(ふとう)に降り立った外国人観光客らに日本の遊びを紹介するなど交...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク