全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ビート弾む営農本番 芽室

規則正しい間隔で次々と植えられていくビートの苗

 砂糖の原料となるビートの苗の移植作業が、主産地の十勝で始まった。作業機で次々と植え付けられた苗は、緑色のラインとなって畑に浮かび上がり、農作業シーズンの本番を告げている。

 6.8ヘクタールで作付けする芽室町の農家宇野清将さん(34)は4月30日から、家族4人で作業を開始。今年の移植作業は雨の影響や地温の低さから、例年より数日遅れで始まった。宇野さんは「高収量で、災害なく無事に収穫ができれば」と話していた。

 ビートは紙筒(ペーパーポット)に種子をまき、ハウス内で一定期間育ててから畑に移し替える方法が主流。近年は農村部の高齢化や人手不足を背景に、畑に直接種をまく「直播」に切り替える農家が増えている。

 昨年は管内で約170トンを収穫、道内の約43%を占めた。

関連記事

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

北羽新報社

医療用かつらに使って 能代市の小3男児がヘアドネーション

 病気などで脱毛などに悩む子どもたちの医療用かつらに役立ててもらおうと髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に興味を持ち、2年以上も髪を伸ばしてきた能代市向能代小3年の菅原凜君(8)=同市落合=...

海外の高校生と討論・交流 ディベート世界大会に初出場 大島高校英語部

 鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校英語部(脇本由里香顧問、部員18人)の2年生3人は21~22日、オンラインで開催された「第7回PDA高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会」に出場した。1...

長野日報社

「わらいずみ」注文続々 長野県飯島町の南信州米俵保存会に

 大相撲の土俵をはじめわら細工を幅広く手掛ける長野県飯島町の南信州米俵保存会に、ミシュランに掲載される東京のすし店などから特別注文が相次いでいる。特注品は本来炊いた飯を保温するために使うかご「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク