全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

カレーも「山幸」で レトルト商品化 池田ハッピネスデーリィ

 町内にある乳製品製造販売の「ハッピネスデーリィ」(嶋木正一社長)は、ワイン城のリニューアルオープンに合わせて、十勝ワイン「山幸」が入ったレトルトカレー「山幸スパイスチキンカレー」を商品化し、近く本格的に発売する。1100パック限定で、1パック1人前(180グラム)864円で販売する。

新発売の「山幸スパイスチキンカレー」

 「山幸カレー」は、同社が開発し、道内の大手食品製造・販売の「ベル食品」が製造する。カレールーには十勝ワイン「山幸」が入っており、具材には中札内産の「田舎どり」と「えだ豆」などを使用。パッケージはワインカラーを基調とし、「山幸」のラベルを模したデザインとなっている。

 嶋木社長は「ワイン城に観光に訪れた際に土産物として利用してもらいたい。十勝ワインの『山幸』を多くの人に知ってもらえる機会にもなれば」と話している。

 4月23日は、ワイン城に関係者を集めて試食会が行われた。一般社団法人「いけだワイン城」の監事で、北洋銀行池田支店の阿部圭一支店長(46)は「カレー専門店で出されるようなスパイスカレーの味わい。大人のカレーという感じ」と高く評価した。

 「山幸カレー」はワイン城の物販コーナーで限定販売される予定だったが、新型コロナウイルスの影響でワイン城のリニューアルオープン時期が延期したため、急きょ同社でも販売する。

 問い合わせは、同社(015・572・2001)へ。

関連記事

豊頃生まれ 地ビールで乾杯 大麦と小豆で風味豊か

 豊頃町内産の大麦と小豆を原料にした2種類のクラフトビール(地ビール)を澄川麦酒醸造所(札幌市)が今月上旬に醸造し、地域の話題になっている。小笠原ファーム(町北栄)の大麦を使用した「GO OUT(...

長野日報社

土用マツタケ豊作 香りも味も「申し分ない」

長野県諏訪市湖南などで秋の味覚のマツタケが収穫されている。梅雨の時期が秋に似ていることから出るとされ、「土用マツタケ」とも呼ばれる。今年は長雨の影響もあり、この時期としては”豊作”で虫食いも少な...

ドライブスルーでマルシェ 帯広の一心商店

新商品「みそ豚まん」販売も  「ドライブルスルー八百屋」などを展開する一心商店(帯広市、飯塚忠志社長)は24、25の両日、「ドライブスルーマルシェ」を帯広市西8南14の空き店舗で開催する。十勝産野...

おいしい朝取りスイートコーン 芽室で収穫始まる

 スイートコーンの収穫作業が、生産量日本一の芽室町内で始まっている。  町北芽室の坂東農場では、生食用1.2ヘクタール、加工用4.5ヘクタールで作付け。生食用は3月下旬からハウスで苗作りを行...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク