全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

寒ざらしでさらにおいしく 「越沢三角そば」湧水に漬け込み

在来作物「越沢三角そば」を湧水の流れに漬け込んだ

 寒の間、ソバの実を沢水に浸して風味を引き出す「寒ざらしそば」の漬け込み作業が18日、鶴岡市温海地域の越沢集落で行われた。在来作物「越沢三角そば」の実約50キロが水温約9度の湧水の流れにさらされて熟成が進んでいる。5月の連休ごろに同集落の「越沢まやのやかた」で提供される見込み。

 2016年に在来作物と確認された越沢三角そばに付加価値を付けようと、翌年発足した「まやのやかた越沢三角そば生産組合」(野尻善共組合長、組合員9人)が主体となって昨冬から寒ざらしに取り組んでいる。

 今回は全収穫量約500キロ(1キロ当たり約8人前)のうち、約200キロを種まき用で確保。残りの約300キロの6分の1を寒ざらしに。2週間ほど浸した後取り出され、さらに2週間軒先で寒風にさらし、最終的に天日干しする。

 大寒(20日)を前にした18日午前の作業には、小雨模様の中、組合のメンバー3人が参加。摩耶山からの湧水が流れる「高ノ沢」までかんじきで約10分かけて進み、沢へ下りて漬け込み場所を設営。ソバの実が入った網袋が流れないようにしっかりと固定した。大滝由吉自治会長は「昨年から取り組んで、甘味と風味が増すなどと反応もいい。沢から取り出す時は湧水を含んで倍ほどの重さになる。この冷たさがうまみになるんだ」とかじかんだ手を満足そうに温めていた。

関連記事

溶けない「マジック・アイス」

 本格的な夏に向け、豊橋市御園町の「パティスリー モリ」がオープン5周年の20日、「マジック・アイス」を新たに発売した。洋菓子では珍しい葛粉を使い、時間が経ってもポタポタと溶けないアイスで、森貴正...

荘内日報社

酒田南高女子生徒が“舞娘修業”に入門

 いずれも酒田市の「舞娘(まいこ)茶屋 相馬樓」(樓主・新田嘉一平田牧場グループ会長)と、酒田南高校(中原浩子校長)が締結した日本舞踊を中心とした伝統文化伝承、起業家精神を持つ人材の育成に関する協...

紀伊民報社

津波碑ウェブ地図に掲載 過去の教訓伝える

 和歌山県田辺市の津波被害を伝える石碑16基が19日、国土地理院のウェブ地図に掲載された。過去の被災場所を知らせ、教訓を周知する。全国48市区町村の碑が掲載されたが、県内は田辺市のみ。  国土地...

宇部日報社

トラフグの稚魚4万匹放流

 県水産研究センター内海研究部と県栽培漁業公社は19日、山口市の秋穂湾にトラフグの稚魚4万匹を放流した。    放流したフグは体長7㌢ほど。秋穂東の内海栽培漁業センターで採卵・ふ化させ、秋穂西の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク