全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

一番茶収穫シーズン到来 「べにふうき」収量5トン計画 徳之島

一番茶の収穫が始まった「べにふうき」の茶園=29日、鹿児島県徳之島天城町岡前

 鹿児島県徳之島の徳之島茶振興会(豊村友二会長、会員約30人)が生産に取り組む「べにふうき」の一番茶収穫が始まった。べにふうきは、抗アレルギー成分「メチル化カテキン」などを多く含み、鼻炎や花粉症などのアレルギー症状に効果があるとされる。一番茶の収穫は10日ごろまで続き、5トンの収量を見込む。

 同島ではサトウキビとの複合経営を目的に2001年、べにふうきの導入計画がスタート。03年に植え付けが始まり、05年から収穫が可能になった。栽培面積は徳之島3町で5ヘクタール。収穫は4月の一番茶に始まり、6月と8月を合わせて年3回行われ、20年度の年間生産量は15トンを予定している。

 同会によると、今期は4月に入り低温が続いたこともあり、収穫が1週間ほど遅れたものの、品質は例年通り良好という。収穫した一番茶は天城町三京の工場で蒸し、乾燥などの工程を経て荒茶に加工され、JA県経済連グループの製造・販売会社へ出荷する。

 同会はべにふうきのほか、アントシアニンを多く含む高機能茶の新品種「サンルージュ」、さわやかな香りが特徴のわせ品種「蒼風」も栽培。一部の生産農家は有機栽培に切り替え、農林水産省の日本農林規格(JAS規格)に基づく有機JAS認定の取得を目指している。

 豊村友樹工場長(38)は「新型コロナウイルスの感染拡大で、お茶業界も消費が低迷している。徳之島のお茶は契約栽培で今のところ単価は変わらないが、コロナの影響が長期化すれば農家の手取りが下がる懸念があり、早く収束してほしい」と話した。

関連記事

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

北羽新報社

医療用かつらに使って 能代市の小3男児がヘアドネーション

 病気などで脱毛などに悩む子どもたちの医療用かつらに役立ててもらおうと髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に興味を持ち、2年以上も髪を伸ばしてきた能代市向能代小3年の菅原凜君(8)=同市落合=...

海外の高校生と討論・交流 ディベート世界大会に初出場 大島高校英語部

 鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校英語部(脇本由里香顧問、部員18人)の2年生3人は21~22日、オンラインで開催された「第7回PDA高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会」に出場した。1...

長野日報社

「わらいずみ」注文続々 長野県飯島町の南信州米俵保存会に

 大相撲の土俵をはじめわら細工を幅広く手掛ける長野県飯島町の南信州米俵保存会に、ミシュランに掲載される東京のすし店などから特別注文が相次いでいる。特注品は本来炊いた飯を保温するために使うかご「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク