全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

酒拠点 帯広畜大に完成 「碧雲蔵」秋にも一般公開

 十勝緑丘=りょっきゅう=(帯広市、塚原敏夫社長)が、帯広市稲田町西2線15の帯広畜産大学敷地内に建設を進めていた上川大雪酒造(上川管内上川町、塚原敏夫社長)の酒蔵「碧雲蔵」の建物が4月30日に完成した。6月にも醸造作業を始める。一般見学は早ければ9月の開始を目指している。

秋の一般見学を目指し、張り切るメンバーら。右から塚原社長、川端慎治杜氏、加藤取締役

 十勝緑丘は、酒造免許を持つ上川大雪酒造が主導。地元を含め6社の出資で昨年設立。塚原社長と大学が同窓のいちまるホールディングス(帯広市)の加藤祐功社長も取締役を務める。

 碧雲蔵は大学正門の南側で市道寄りの約6000平方メートルの敷地内に、木造一部2階建ての製造棟とセミナー棟(延べ床面積計約1200平方メートル)で構成。製造棟の醸造タンク(1本2000リットル)は13本あり、上川の1.5倍の能力を持つ。全体を見渡せるよう見学ルームも配置した。「蒸した米をクレーンでつり上げ2階で冷却するなど、効率的に移動作業できるよう動線に配慮した。上川の経験が生きている」と塚原社長。

 セミナー棟は大学講義など研究拠点のセミナールームがメインで、試飲などが可能となるよう調理スペースも確保。醸造した酒の購入も可能とする。隣接する屋根開閉式のガラスハウスではハーブ栽培などを計画している。

完成した碧雲蔵。右は製造棟、左はセミナー棟

 昨年11月に着工。総工費約4億円。同社によると、5月中に備品の搬入後、製造許可を取得した後、醸造を始める。同時に見学ルームは大日本印刷(東京)と連携し、最新技術を導入して整備を進めていく考え。一般公開はその完成後となるが、新型コロナウイルスの感染状況によって時期が変更となる可能性もある。

 塚原社長は「拠点完成に身が引き締まる思い。地酒を通じ、畜大ととともに、十勝に貢献できるよう、まい進したい」と話した。

関連記事

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

北羽新報社

医療用かつらに使って 能代市の小3男児がヘアドネーション

 病気などで脱毛などに悩む子どもたちの医療用かつらに役立ててもらおうと髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に興味を持ち、2年以上も髪を伸ばしてきた能代市向能代小3年の菅原凜君(8)=同市落合=...

海外の高校生と討論・交流 ディベート世界大会に初出場 大島高校英語部

 鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校英語部(脇本由里香顧問、部員18人)の2年生3人は21~22日、オンラインで開催された「第7回PDA高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会」に出場した。1...

長野日報社

「わらいずみ」注文続々 長野県飯島町の南信州米俵保存会に

 大相撲の土俵をはじめわら細工を幅広く手掛ける長野県飯島町の南信州米俵保存会に、ミシュランに掲載される東京のすし店などから特別注文が相次いでいる。特注品は本来炊いた飯を保温するために使うかご「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク