全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

面会できない家族の願い 特老がテレビ電話導入、システム構築へ

 特別養護老人ホームがテレビ電話を導入、家族との通話ができるよう仕組みを構築、開始させる。新型コロナウイルスの感染拡大で施設内で家族との面会ができなくなっており、打開策として注目される。

 永寿荘(鶴岡市)は連休明けの5月10日からスタートさせる。入居者80人の本人と各家族には通知しており、LINEのテレビ通話ができるスマートフォンを施設側が新たに用意し、家族はアプリの環境を整えた後、テレビ電話で会話ができる。

 今年2月25日から、施設内は面会謝絶となった。その後2カ月たって、ガラケーなどで入居者は家族と通話してきたが「そろそろ限界。顔を見せ合い、互いの無事を確認させたい」と加藤昌司荘長(52)は話した。

 県内のコロナ感染は大蔵村の介護施設でクラスターが出るなど、外部の人間が施設内に入ることで起こることを懸念、各施設で面会謝絶が続いている。

 しかし終息への道筋・気配が見えないだけに、家族とどうコミュニケーションを図ってもらえるか各施設とも知恵を絞っていた。「家族の方の入居者への心配・不安がビデオ通話で少しでも軽減できれば。家族の問い合わせ、申し込みもあります」と加藤荘長は続けた。

 酒田市の同じく特養ホームではZoomを使い、連休前半からテレビ通話をしてもらう。

 また各介護施設では職員に対して、感染防止への注意を欠かさない。手洗いを徹底させ、その家族にも不用不急の外出がないよう呼び掛けている。この連休中、特に県外には行かないように申し合わせるなど、感染者ゼロを目指しての取り組みが続いている。

料理教室でも使うようになったビデオ通話。面会謝絶の介護施設で効果が期待される

関連記事

釧路新聞社

キツネ被害 対処方法 市、ホームページに情報掲載【釧路市】

 クマやシカ、野鳥などの野生鳥獣に関する情報発信について、釧路市は新たにキツネの被害と対処に関する情報を市ホームページ(HP)に掲載した。市への問い合わせなどが多いことに伴う取り組み。担当の市環境...

長野日報社

「高遠城址公園さくら祭り」伊那市が対策会議 運営方針など確認 長野県 

長野県伊那市は26日、観桜イベント「高遠城址公園さくら祭り」の対策会議を同市高遠町総合福祉センター・やますそで開いた。祭りに携わる関係者ら約50人が出席し、運営方針や交通、防犯対策などを確認。...

紀伊民報社

ロケット発射を海から見よう 串本でカヤックツアーやクルージング

 和歌山県串本町田原で3月9日に発射が予定されている民間小型ロケットの見学場チケットが、販売から2日で完売するなどロケットへの関心が高まっている。そんな中、海から打ち上げを見学してもらおうと、町...

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク