全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

何が当たるかな 校内年賀状の抽選

生徒会役員(左の3人)の運営で、年賀状の抽選会を楽しむ生徒=田辺市秋津川で

 和歌山県田辺市秋津川中学校の全校生徒14人と教職員は毎年、校内で年賀状を送り合い、抽選会もしている。今年も生徒らは景品を前に、期待に胸を膨らませながら抽選会を楽しんだ。

 全校生徒の親睦を深め、年賀状を送る文化を大切にするために取り組んでいる。  年賀状は学校特製のハガキで、抽選会で使う番号を記載している。昨年12月8日に生徒と教職員に配布し、13~15日、学校に作った専用ポストに投函(とうかん)した。手描きや印刷、シールを貼ったものなどさまざまで、2学期の終業式があった22日、全員が自分宛ての年賀状を受け取った。  抽選会は学校であり、生徒と教職員が参加。生徒会役員が運営し、司会も担当した。役員らがくじを引いて番号を決め、1等から4等までを順に発表。生徒は年賀状の番号を見て「あった」と喜んだり、景品の中身を見せ合ったりして楽しんだ。全員に文房具などの景品が行き渡った。  3年生の山本朱音さん(15)は「抽選会は3回目だが、何度やっても楽しい。今年は生徒の人数が多く、みんなでわいわいしながらできて楽しかった」と笑顔。生徒会書記の1年生、赤松果穂さん(13)は「私は初めての抽選会で、みんなが楽しんでくれたらいいなという思いで準備をした。今日は生徒会役員で協力して進めることができてよかった」と話した。  同校は地域のお年寄りにも年賀状を送っている。近くの秋津川小学校と手分けし、本年度は中学校だけで約80枚の年賀状を書いた。

関連記事

国府小で大葉農家と給食

 豊川市立国府小学校(山本茂樹校長)で19日、JAひまわりの大葉農家らとの会食会が行われた。児童は豊川産の大葉が献立に入った給食を食べながら、地産地消について学んだ。  給食で出たのは、大葉が入っ...

荘内日報社

庄内沖震源 鶴岡で震度6弱

 18日午後10時22分ごろ、鶴岡市で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は庄内沖(酒田の南西50キロ付近)で、震源の深さは14キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6・7。新潟県村上市で震度6強、鶴...

紀伊民報社

東京五輪で梅干し提供へ 「JGAP」認証取得

 和歌山県紀南の梅農家有志でつくる「JA紀南GAP・HACCP梅生産研究会」(石神泰会長)は、適切に管理する農場に与えられる「JGAP(ジェイギャップ)」認証を取得した。食の安全や環境保全への取...

宇部日報社

高千帆中で「平和のつどい」 山陽小野田

 戦争の悲惨さを知り平和の尊さを考える「平和のつどい」は18日、山陽小野田市の高千帆中(笹村正三校長、473人)であり、全生徒と地域住民ら約530人が被爆を語り継ぐ会(広島)の語り部の話に耳を傾...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク