全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

何が当たるかな 校内年賀状の抽選

生徒会役員(左の3人)の運営で、年賀状の抽選会を楽しむ生徒=田辺市秋津川で

 和歌山県田辺市秋津川中学校の全校生徒14人と教職員は毎年、校内で年賀状を送り合い、抽選会もしている。今年も生徒らは景品を前に、期待に胸を膨らませながら抽選会を楽しんだ。

 全校生徒の親睦を深め、年賀状を送る文化を大切にするために取り組んでいる。  年賀状は学校特製のハガキで、抽選会で使う番号を記載している。昨年12月8日に生徒と教職員に配布し、13~15日、学校に作った専用ポストに投函(とうかん)した。手描きや印刷、シールを貼ったものなどさまざまで、2学期の終業式があった22日、全員が自分宛ての年賀状を受け取った。  抽選会は学校であり、生徒と教職員が参加。生徒会役員が運営し、司会も担当した。役員らがくじを引いて番号を決め、1等から4等までを順に発表。生徒は年賀状の番号を見て「あった」と喜んだり、景品の中身を見せ合ったりして楽しんだ。全員に文房具などの景品が行き渡った。  3年生の山本朱音さん(15)は「抽選会は3回目だが、何度やっても楽しい。今年は生徒の人数が多く、みんなでわいわいしながらできて楽しかった」と笑顔。生徒会書記の1年生、赤松果穂さん(13)は「私は初めての抽選会で、みんなが楽しんでくれたらいいなという思いで準備をした。今日は生徒会役員で協力して進めることができてよかった」と話した。  同校は地域のお年寄りにも年賀状を送っている。近くの秋津川小学校と手分けし、本年度は中学校だけで約80枚の年賀状を書いた。

関連記事

ほくほく秋の恵み 大ぶりメークイン 大正まつり

 秋分の日の23日、帯広の代表的な収穫祭「メークインまつり」(JA帯広大正主催)が、帯広市大正町ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨にもかかわらず、ジャガイモの詰め放題を目当てに大勢の来場客で...

長野日報社

能舞台で聴衆魅了 辰野で初の「音楽祭」多彩に

 長野県上伊那郡辰野町と住民が協働で展開する「日本のど真ん中」PRプロジェクトのイベント「能舞台de(で)音楽祭」は22日、同町川島のかやぶきの館の能舞台で開いた。プロの音楽家や地元中学生らが...

餃子づくりで日中親睦

 豊橋地区日中友好協会(鈴木道夫会長)は22日、「中国人留学生と餃子(ぎょうざ)を作る会」を豊橋市本郷地区市民館で開き、日中両国の友好を互いに深め合った。  同協会が毎年実施する恒例の友好事業...

紀伊民報社

集結!クジラ好き芸術家

 和歌山県太地町立くじらの博物館で21日、イルカやクジラを題材とした作品を手掛ける20組の「クジラ好きアーティスト」が全国各地から集まった作品展が始まった。「くじらまみれ」と題した催しで、アーテ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク