全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

しらび平に2カ月間貯蔵 雪中熟成茶「駒結」掘り出し

中央アルプス駒ケ岳ロープウエイしらび平駅の横で雪の中から緑茶「駒結」を掘り出す関係者

 中央アルプスを訪れる観光客を中心市街地に呼び込む駒ケ根市のおもてなしプロジェクト「こまがねテラス」の一環で29日、プロジェクト関係者が中アしらび平(標高1662メートル)に貯蔵した雪中熟成茶「駒結」の掘り出し作業を行った。高さ約150センチに積み上げた雪の中から1袋40グラム入りの緑茶300袋を取り出した。

 緑茶の雪中熟成は今年で3年目。中アの代表的な雪形「島田娘」にちなんで静岡県島田市産と、下伊那郡天龍村産のやぶきた茶を配合した。例年、中ア千畳敷に貯蔵しているが、今年は駒ケ岳ロープウエイが支柱の変形で運休していることから麓のしらび平駅舎の横に変更。2月25日から約2カ月間、温度0度に保たれた雪中で熟成した。

 今年は6月上旬から、同市の広小路商店街にある日本茶販売店「山二園」で販売する。同店を営む酒井隆道社長(62)は「熟成させることで深みのある香りが際立ち、まろやかな味わいになる」。リピーターもおり、今年もすでに予約が入っているという。「緑茶にはカテキンが含まれ、免疫力を向上させる力がある。中央アルプスの大自然の恵みを感じる一服をぜひ楽しんでほしい」と話した。

 1袋700円(税別)。問い合わせは山二園(電話0265・83・2523)へ。

関連記事

紀伊民報社

梅とミカンの魅力PR 小学生が電子ポスター

 和歌山県田辺市の会津小学校(下万呂)の4年生(64人)が梅とミカンの魅力をまとめた「ムービングポスター」(電子ポスター)をJR紀伊田辺駅、田辺エンプラス、市役所、市立武道館の4カ所で上映してい...

荘内日報社

山形在来作物研究会が文化庁認定 食文化「知の活用」振興優良事例

“在来品種は生きた文化財”伝承 保存の必要性や地域振興への取り組み評価  在来作物の存在を広めた山形在来作物研究会(会長・江頭宏昌(ひろあき)山形大学農学部教授)が、文化庁の「食文化『知の活用』振...

宇部日報社

自転車ヘルメットが品薄状態 4月から着用努力義務【宇部】

全年齢に拡大受け、需要増  道路交通法の改正に伴い、4月1日から自転車でのヘルメット着用が努力義務化される。宇部警察署(錨敏之署長)では、市内の学校や自転車販売店などにチラシを配って法改...

勇払に桜花を咲かせる会が今月末で解散 会員の高齢化 苫小牧

苫小牧市勇払地区の住民らで構成する「勇払に桜花を咲かせる会」(宇野元会長)が、今月末で解散する。11年間で市道勇払沼ノ端線沿いの約2キロ区間にサクラを約200本植樹し、手入れも続けてきたが会員の高...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク