全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇宙の町 苦渋の決断 新型コロナで打ち上げ延期 大樹

 「今回の延期要請は経済活動を数カ月間止めるよう言われてるのと同じ。非常に残念」。28日のオンライン会見で、大樹町内のベンチャー企業「インターステラテクノロジズ(IST)」の稲川貴大社長は事業の根幹となるロケット打ち上げがかなわない無念さをにじませた。コロナ禍は、歩調を合わせてロケット開発に取り組んできたISTと同町にも影響を及ぼす事態となった。

観測ロケット「MOMO(モモ)」5号機の打ち上げを延期することを正式に発表した稲川社長(左)と大樹町の酒森正人町長(YouTubeより)

 ISTが観測ロケット「MOMO(モモ)」5号機の打ち上げ時期を発表した20日以降、大樹町には「こんなときだからこそ、明るい話題になる」といった声の一方で、「観覧場所を設けなくても町外から打ち上げを見に来るはず」など新型コロナウイルスの感染リスクが高まることを不安視する声も数多く寄せられた。

 競争の激しい宇宙分野で一刻も早くロケット成功の実績を積み重ねたいISTと、町民の安心を最優先に考えた大樹町。最終的にはISTが町の意向を尊重し、延期を決断した。

つながりを重視
 ISTのロケットは、インターネットを通じたクラウドファンディング(CF)で資金を集め、町民らによる後援会が打ち上げ当日にも協力するなど、多くの人が支える「みんなのロケット」がコンセプト。それだけに、地域住民の不安をないがしろにすることはできなかった。

 加えて、ロケットの打ち上げはゴールデンウイークや年末年始などの休漁期が主となる。連休で人が集まりやすく、これまでの打ち上げが実証実験ながら“イベント”として親しまれてきた側面が今回は裏目に出た。

 町からの延期要請を受け、IST創業者の堀江貴文さんは自身のツイッター上で「大樹町民やめます」と発言し、不快感をあらわにした。今月刊行した著書で大樹のロケット射場としての優位性を発信した立場から一転、町との間に溝が生まれたとも言える。

溝を乗り越えて
 ただ、稲川社長は「地理的にも地元の応援の面でも大樹は最適な場所。ISTは大樹町と二人三脚でロケット開発を進めることを望む」とこれまで同様の姿勢を強調。町も宇宙港(スペースポート)構想はISTを軸として考えており、「今後もあらゆる面で協力したい」(酒森正人町長)と明言した。

 新型コロナが大樹の航空宇宙事業にも暗い影を落とす中、稲川社長は「全国から応援メッセージが届いている。ロケット事業を行うことで多くの人に希望を届けたい」と前を向いている。

関連記事

紀伊民報社

ギネス記録を達成 最大のレーザービーム文章

 和歌山県白浜町内で3軒の温泉宿を運営する「オージャス」(金田紀彦社長)は24日夜、同町椿で運営する温泉宿「XYZプライベートスパ&シーサイドリゾート」前の海岸で、「レーザービームで作った最大の...

荘内日報社

麺恋の 酒田ラーメン巡り旅PR 6月30日まで5店で開催 公益大生が動画撮影協力

 酒田のラーメンに着目したイベント「麺恋(めんごい)の!酒田んめもの巡り旅」が行われ、地元のラーメン愛好者たちを楽しませている。今月23日には市内のラーメン店で東北公益文科大学ラーメン同好会「麺恋の...

十勝の地盤マップ公開 帯広の東成「住宅建てる参考に」

 地盤調査を行う東成(帯広市、花房紀陽社長)は、十勝管内の地盤傾向を検索できる「地盤ファクト」(地盤マップ)を6月1日(予定)からホームページで一般公開する。地域ごとに地盤の傾向を3段階で表記して...

夜の海、幻想的に 大和村 国直沖でサンゴ産卵

 大和村国直沖で20日から、三夜連続でサンゴの一斉産卵が確認された。奄美海洋生物研究会会長で自然写真家の興克樹さん(51)=奄美市名瀬=が撮影した。卵と精子の入った直径0・5㍉ほどの淡いピンク色...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク