全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

春の味覚「三瀬孟宗」 直売スタート

 鶴岡の春の味覚を代表する孟宗(もうそう)の採れたてを販売する直売所が28日、鶴岡市三瀬で今シーズンの営業を開始した。三瀬地区で採れる「三瀬孟宗」は例年5月に収穫を迎えるが、今年は暖冬の影響で例年より1週間から10日ほど早い。えぐみが少なく実が柔らかいという。一部の竹林ではイノシシによる食い荒らし被害があったものの、出荷は5月中旬がピークになりそうだ。

 同地区では昔から旬の孟宗を地区のみんなで分け合う習慣があり、これを継承していこうと三瀬孟宗生産出荷組合(齋藤吉蔵組合長)が毎年、旬の時期に直売所を開設。今年は新型コロナウイルス感染拡大を懸念したが、マスク着用の呼び掛けやアルコール消毒液を設置するなど対策を講じて開設に踏み切った。

 この日、開店前の直売所には三瀬・豊浦地区の生産者によって朝掘りされた切り口のみずみずしい孟宗が次々と運び込まれ、買い求めに来ていた人は孟宗を手に取り品定め。開店数十分後にはほぼ売り切れ状態となり、約25キロ分の孟宗が売れた。買い求めに来ていた同市三瀬の佐藤かほるさん(77)は「毎年楽しみにしている。定番の孟宗汁のほかに糸こんにゃくやシイタケと一緒に煮詰めてもおいしい」と話していた。

 齋藤組合長は「旬のものを分け合う“分け合い”の文化とおいしさを提供していきたい」と意気込む。

 直売所はJA鶴岡豊浦支店そばにある民家の倉庫で、のぼり旗が目印。次回の開設は30日(木)で以降は毎週月・木・土曜の来月23日まで開設。時間は午前6時からで、なくなり次第終了する。問い合わせはJA鶴岡豊浦支店=電0235(73)2124=へ。

品定めをしながら購入していく買い物客

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク