全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

十勝産品 格安で 藤丸が特設サイト

特設サイトのバナーデザインのプレートを持ちPRする(左から)藤本社長と水戸部局長

 地元百貨店・藤丸(藤本長章社長)と十勝総合振興局(水戸部裕局長)は28日午前、包括連携協定に基づき、藤丸のオンラインショップ内に十勝産品を格安で販売する特設サイトを開設した。新型コロナウイルスの感染拡大で苦戦する十勝の食関連事業者を応援するのが狙いで、民間事業者と連携し、振興局単位で通販サイトを立ち上げた例は初めてという。両者は「外出自粛で『巣ごもり消費』需要が高まる中、十勝の食ブランドを全道、全国に発信したい」と意気込んでいる。

 サイト名は「新型コロナウイルスに負けない!とかち元気プロジェクト」。十勝の食商品を事業者に通常より安値で提供してもらう代わりに、出品手数料を通常時の半額程度とし、小規模でも参加しやすい設定にした。商品を入れ替えながら当面続けていく。

 商品はスープカレーやみそ、ギョーザ、ソーセージ、ヨーグルト、地酒、ハッカクの一夜干しなど。28日時点で十勝スロウフード(清水町)や渋谷醸造(本別町)、晴cafe低糖オーブン(帯広市)など17社35アイテムが掲載され、30~20%引きやまとめ買いで格安になるなど。商品はここ数日でさらに6社10アイテムが加わり、今後も増える予定。

 両者は2016年に食の振興などで同協定を締結し、藤丸のイベントや新ギフト品の開発で協力してきた。今サイトで振興局は、事業者への呼び掛けや周知などを担当する。

 28日午前、同振興局内で開いた記者会見には、水戸部局長と藤本社長らが出席。水戸部局長は「物産展など中止が相次ぎ、食事業者が困っている話を聞いており、その一助になれば」と力説。藤丸では3月から食品売り場に物産販売コーナーを開設し、地元事業者支援も続けており、藤本社長は「4月全体の売り上げは6割程度で推移する中、オンラインは分母は小さいが伸びている。参加事業者の半数ほどが新規取引事業者。リアル店舗での販売も併用し、地域産品をPRしていきたい」と話した。問い合わせは藤丸(0155・24・2101)へ。

関連記事

紀伊民報社

椿温泉湯治体操が完成

 和歌山県白浜町椿にある旅館「しらさぎ」で20日、「椿温泉湯治体操」のお披露目会があった。体操を開発した健康運動指導士の寺田尊紀さん(44)=和歌山市=は「全世代の誰もができる、気持ちから元気に...

荘内日報社

「キッチンカー」人気!! 大型店やイベント出店依頼 コロナ禍 機動力ある販売..

 移動販売の「キッチンカー」が庄内で増えている。コロナ禍となった2020年から昨年までの2年間で新たに23台が庄内保健所に登録した。大型店からオファーを受けるケースのほか、市や町が主催するイベントに「来て...

「スロウ」直営店27日に開店 帯広のソーゴー印刷

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

宇部日報社

たんぼラグビー、泥しぶきを上げてダッシュ 山口市

 第1回たんぼラグビーは21日、山口市吉敷佐畑1丁目の水田であり、小学生から大学生までの50人が全身泥だらけになりながらトライを目指した。2015年に京都府で発祥したとされるラグビーで、県内では...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク