全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

いつまでも元気で 新茶と上生菓子を母の日に

コラボで母の日セットを売り出すカク万伊藤園の伊藤さん(左)と菊香堂の赤羽さん

長野県伊那市坂下の茶舗「カク万伊藤園」と銘菓処「菊香堂」が、母の日(5月10日)のプレゼント用に新茶と上生菓子をセットにして売り出す。外出自粛が求められる中、母の日に、家庭で過ごすゆったりとしたひとときを「お菓子がひきたつお茶」と「お茶の味わいが増すお菓子」で演出しようと、二つの老舗が力を合わせた。

カク万伊藤園は爽やかな香りとともに、上品な甘みとうまみが味わえる鹿児島県産新茶「さえみどり」を選定した。入荷したばかりの一番茶で、「新茶を飲むと1年間、無病息災で過ごせると伝えられています。いつまでも元気でいてね―という気持ちを、このお茶で伝えてみては」と店主の伊藤哲寛さん(62)。

菊香堂は上生菓子の4個詰めで、煉り切りの新作「バラ」、きんとん製の「花束」、上用饅頭の「ネコまんじゅう(寝込まん)」、煉り切りの新作「パンダ」の4種を用意した。バラのようにいつまでも美しく―、花束にありがとうの気持ちを込めて―と、和菓子一級製造技能士の赤羽政治さん(60)が作った。

1セット税込み2200円。オリジナルのハンドタオル付き。28日から両店で予約受け付けを始める。

問い合わせはカク万伊藤園(電話0265・72・2527)か、菊香堂(電話0265・72・2751)へ。

関連記事

店の味「炙って食べて」 サイトで全国販売へ 帯広の平和園

 平和園(帯広市、新田隆教社長)は、加熱調理済みのオリジナルの焼き肉商品「炙り(あぶり)気分」を開発した。独自製法で肉のうま味や軟らかさを引き出し、さっとあぶって食べることで、「店内で食べるのと同...

「濃い」豆乳飲料できた! 帯広農業高校発「マメトペ+」

 帯広農業高校の生徒が中田食品(帯広)など地元企業と開発していた豆乳飲料「マメトペ+(プラス)」が完成した。関係者を招いたお披露目会が18日に同校で開かれ、「濃くておいしい」と上々の評判。生徒たち...

帯広畜産大学構内に「碧雲蔵」ショップオープン

 帯広畜産大学構内の酒蔵「碧雲蔵」の商品を購入できるショップと蔵内の製造風景を見られる見学室が18日午前、同蔵内でオープンした。同蔵の銘柄のほか、地元の書道家八重柏冬雷さんが手掛けたラベルの書...

カレーパングランプリで最高金賞

豊橋のベーカリーショパン「牛肉ゴロっと匠のカレーパン」  豊橋市と浜松市に店を構えるパン店「ベーカリーショパン」の人気商品「牛肉ゴロっと匠のカレーパン」が、「カレーパングランプリ2020...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク